今日の一句

10月21日

山辺より新米と里芋届きけり  奈良の榛原から新米と里芋が沢山とどいた

2015年8月27日(木)(37)プラハから寝台車でフランクフルトへ向かう

ドブチェクの「プラハの春」を後にする ドブテク首相が唱えタ「プラハ」の春を契機に民主化のチエコだった

今日夕方6時30分発の寝台車でドイツのフランクフルトに向かうのだが、時間をどのように使うか迷った。遠くへでるのは万一トラブルでもあれば、列車に乗り遅れるし、ホテルのチェックアウトは10時だし、8時間余をどうするかだが、やはり一番の見所の橋の付近であればすぐホテルには歩いてでも帰れるからそれにした。

今朝朝食の時、日本人女性が同じホテルで食事にきた。大阪の人らしいが、一人で1か月の旅というのだから、仕事は止めてきたとのことだ。今までにプラハは3回も来たというのだから、大分旅慣れの人とみえる。前西あんが推薦してくれたチエスキークロムウエルに行かれましたか、と言われたがもう今日だけしかないので無理だが、なかなか景色のよいところらしい。ここプラハで僕は感激しているのにもっと景色がいい所があるとは、僕の知識もまだまだというところだ。

急いでいられるからホテルで別れたが、昼過ぎにホテルにかえったら、もうメールがとどいていた。

プラハでの夕食は5回とも韓国料理でビールも飲んですませた。僕にとってはキムチが食欲をそそり、ビールも飲みたくなるものだ。

ホテルに5時まで荷物を預けていたので引き取り、1時間前に駅についた。寝台車はシベリヤ鉄道以来で、ファーストクラスには3段ベットがあり、今のところ11時半現在僕だけである。部屋にトイレとシャワーがついているから、浴びたら爽やかでよく寝れそうである。明日朝は5時40分にカールスルーというところに着くらしく、それまで朝食もでるようだ。飲みものは何にされますか?と聞きにきてくれた。

個室だから、パソコンで保存していた囲碁を見て時間を潰すことにしたい。

次のフランクフルトが旅の終わりとなり、あとはパリは帰国のための準備といことになる。日本からの最初の泊まったホテルに予約がとれていると顕からの連絡もはいっている。

NHKを考える会兵庫の西川さんが毎日メールでNHKの異常さを知らせてきてくれている。どうも籾井会長になってからは政府の広報機関になってきて、政権への批判は取り上げないようになっているらしい。だから、22日に全国から1000人の抗議がNHK をとりかこんで抗議したという知らせがきた。。また今日のニュースによれば、大阪の橋下市長と松井大阪府知事が維新の会から退会するという、大阪の地元選出の議員らが大慌てしているとのことで、維新の会は分裂するようだ、理念のない個人政党だったので早晩こんなことになるのは個人の思い付き政党だからそんなもんだろうと思う。個人でできたみんなの党の渡辺氏や名古屋の市長が作った減税党もなくなってしまったので、後は小沢一郎の生活の党も同じ道をたどるであろう。

寝台車で囲碁の保存していたのを3局ほど見たところで、12時前に一人入ってきた。この人は3段にあがりすぐ寝てしまった。

大阪同友会前西さんより

チェスキー クルムロフへは行かれますか。

とても綺麗に街です。

チェコには 2度行きましたが、2回目の時に行きました。

また プラハに安くて美味しい中華があります。

ヤンフェンという名前です。カレル橋を王宮へ渡り

路面電車駅MALOSTRANSKEの広場を左(南西)へ行くと

すぐにあります。

文学阪神の木下道子さんより

    ミュンヘンの旅ではビールがほんとうにおいしそうでしたね。またプラハの旅の途中、列車で一緒になった

    韓国人が、イランで働いているとのこと。そこで考える止むことなき宗教戦争のこと。ほんとにそうですね。

    しかし、小さないさかいを大きな戦争にさせる大国の介入についても考えさせられますね。

    「キリストが十字架背負い雲の中」はあの世でキリストがなにかいまの人間世界を達観しているようで

    面白いですね。では良い旅を。

                                       木下道子

同じホテルで今朝会った大阪の女性小島さんより

届きましたでしょうか?😊
先程はお声をかけていただいて、ありがとうございました!!

では、引き続きよい旅を〜



[PR]

by akinishi1122 | 2015-10-22 07:45 | 俳句 | Comments(0)

<< 今日の一句 今日の一句 >>