70歳の語学留学1年生(44)

2005年8月23日(火)(44)
日本・モーリタニヤ親善協会設立
今日、学校でせっかく仲良くなったから日本・モーリタニヤの親善友好協会を作ろうじゃないかとファチマチュウ教授に話したら賛成だという。そしてみんながこのことを次々に話して喜んでくれた。非政府の僕と彼女等と相互の国の文化を知りあうことは楽しいし、僕のライフワークとしても日本人にモーリタニヤを知らせるチャンスをつくりたい。ここで知りあっただけで10人はいるし、各々が国のお金で留学している人だし、一定の影響力をもつ人たちだ。今後もいろいろの役割を国で果たす人達だ。
アイサツーが早速Nobuにメールを送ってみるといって僕のアドレスをメモしてくれた。
ロンドンに行った時いっしょだったモーリタニヤの地質学者の友人で他のクラスの人の写真を催促されていたのでコピーしておいた。ひとりでも多く交信できるのがいいし、もう今週だけだから、チャンスはすぐ実行しておかねばならない。
日本語の解説書でニュートンやバイロンが出た学舎はもういちど認識のため見ておかねばなるまいと、帰りに行ってみたら僕のクラスに昨日から来た学習院大学の慎一郎君と明治大学の杉山新君が声を掛けてきた。彼らといっしょにパブにはいりビールを飲む。葛西慎太郎君は同じクラスでフレンドリーになっているから、先生も仲がいいねといってくれている。彼はこれからまだ1ヶ月いるから、この雰囲気を続けていてくれと頼んでおいた。
日本の印象についても僕を通じて親近感をもってくれているし、是非このまま引き継いでもらいたい気持ちだ。そうすることで慎太郎君も勉強できやすいだろう。明治大学の4年杉山新君も就職は決っているらしい。会社に入ると自分で良い先輩というのは創るようにしたほうがいい。良い先輩は先に居るのではなく、創りだすのは自分自身だと思うようにし、自分で働きやすい環境を創る気持ちを持って入社してもらいたい。嫌な先輩は必ずいるものだが、早くその人の良い点を見つけ、探しだして学ぶ気持ちをもつことで先輩は変化するものだ。そして自分が学ぶべき点と思ったら、その点を先輩に話すことでその先輩も変わるものだ、と僕の経験を話しておいた。
朝薫に電話を入れて、昨日帰国便をスイスのBurryに心配かけたらいけないからチケットの通りヒースローから帰るとその旨を顕から電話しておいてほしいと頼んだ。
昨日同室の中国の李意君が「先週少々家でトラブルがあった」と説明してくれた。詳しい内容ではないが、いつもの靴が無いし、靴箱の外に置いてある、何故だろうと思っていたら、今日学校で下宿していた歯学生が声かけてきたので「君は何時に家を出たのか」と聞いたら「もう下宿先を学校の近くする、ここは学校から遠すぎる」と言っている。
僕もそうは思うが下宿を代わるという気持ちまではならなかったが、彼はどうやらホストマザーのLeslyに言ったのではないか。それで彼女の機嫌が悪くなったらしい。
どうやら彼は学校に文句を言ったのではないか、僕の推量だと、「何故学校から遠い下宿を紹介したのか」といったようだ。それなら「出て行け!」と言ったようだと李意君はみている。外国人というのは自分の気持ちを率直に述べるからこんなことがおきるのであろう。いずれにしても僕の旅行中の出来事だった。
もう一つはロシヤのステファンが居なくなった。どうしてだと李意君に聞いたら、1ヶ月の夏季休暇で家に帰ったという。李意君と区切った部屋で彼は勉強していたが、李意君だけで部屋を使うようになっている。
一人が出たら昨日からまた生徒が来ていて夕食が一緒になった。Lesly
の手早さには驚きだ。リーゼントスクールの学生だという。こんな手早いところを見ると学校との契約ができているのかもしれない。アラビヤの学生だし、どうも学校が生徒を確保するためか、Lesulyが下宿生を確保するためかここでは一つの下宿産業としての職業になっているかもしれない。今度の学生は黒人に近い肌の色をしているからインド人のMaria
ような顔かたちである。20歳でいろいろの国の人々とこの下宿で知り合いになる。
Mariaが8時から散歩に行かないかと誘ってくれた。君の勤務時間は?と聞いたら、朝8時から夜8時まで仕事をする契約でルーマニヤからきているという。
今日は庭に花を植えるための敷き板を玄関にガーデニングをしたらしい。散歩して彼と缶ビールを飲んでしると日本人らしい女性が自転車で通ったが韓国人がよく日本人に似ていて、沢山間違えることがある。彼女が「今日は」「お影さまで」「有難うございます」と知っているだけの日本語で語り彼女も交えて話す。英語は非常に上手だし発音も綺麗だ。Mariaとは英語でなんなくお喋りしている。20歳というがどこでその英語を習ったのかと聞いたら韓国では学校にイギリス人教師が英語を教えていたという。僕の歳を聞いて「70歳から勉強するなんてえらいですね」というから「いや僕は100歳まで生きるつもりだからまだ30年も英語をつかわねばならないから」と説明しておいた。そしたらサーテイーという発音をなおしたがいい。と何回も発音練習をしてくれた。韓国人は貴方が初めての友人で英語まで教えてくれ忘れない、写真を3人で一緒にとりましょう。となりMariyaは「これから時々夜二人であそびに行きましょう」と約束もしていた。
岡山100歳の会員横谷敦子さんにこの話をメールしておいた。


[PR]

by akinishi1122 | 2014-03-21 16:53 | 旅行 | Comments(0)

<< 今日の一句 今日の一句 >>