岡 次

岡 次(岡山大学名誉教授、旭川荘療育センター児童院・院長)
岡次と申します。昨年の春岡山大学を退職しまして、今年4月から旭川児童院の院長をいたしております。私は終戦の年には国民学校1年生でした。岡山の空襲、広島の特殊爆弾(原爆)、サイパン島の玉砕等々、田舎の小学一年生として知っておりました。

 東京から私に「9条の会・医療者の会」の呼びかけが届きました折に、呼び掛け人のトップに元東京大学精神科教授の秋元波留夫先生が載っておられました。98歳になられます。私は岡山大学小児神経科大田原教授の門下でありましたので、てんかん学会や日本てんかん協会の役目で、若い時から秋元先生に親しくしていただきました。秋元先生の元に馳せ参じる気持ちで直ちに「9条の会・医療者の会」に賛同の返事を送りました。

 日本の再軍備や9条の問題に対する私の立場は、文化勲章を受けられたロンドン大学数理経済学森嶋通夫教授の考え、「新・新再軍備論」に賛同するものでありまして、軍備に頼らない再軍備論であります。また、大江健三郎に「核時代の想像力」という評論がありますが、私はその「想像力」ということを重要と考えております。イラクの戦争にしても、バクダッドの街へ砲弾を撃ち込むということは、想像力が欠如しているからこそできることだと思います。バクダッドの街には生

[PR]

by akinishi1122 | 2010-07-17 10:18 | 九条の会 | Comments(0)

<< 今日の一句 今日の一句 >>