世界の旅(5)

ワンワールド世界旅行(5)
1月25日(金)ケープタウンへ
昨夜7時には寝た。時差ぼけで眠たくなったし、早かったので目覚めたのが2時だった。昨日の日記をパソコンに打ち終わったら4時になっていた。
一人の部屋だから電気をつけても気遣いない。携帯に信顕と理香から僕の昨日のメールを見たとの返事がきていた。
4時からまた眠りにつき次に目覚めたのが6時半だった。マスターが8時に空港まで送るといってくれていたので、それまでに今日持って行く荷物の整理をしておかねばならない。朝食を一人で済まし、整理にかかっているとすぐ8時になった。もう8時の車の人は出ていってしまったから慌てたが、やがてマスターが帰ってきて僕の出発時間をみて、まだ十分時間はあるというし、それからケープタウンのホテルの予約もしてくれた。空港からの近くで、到着したら僕を迎えに出てくれているらしい。2日間の予約したが、料金もこのホテル並とのことで安心した。送ってくれたので感謝の気持ちでチップを30ランド渡した。タクシーを頼んだら80ランドするのだからこれでも安い。帰りも電話したら迎えに来てくれるとのことだ。昨日の宿泊代を支払おうとしたら140でいいという。僕はスーパーで50ランドぐらい買ったのだがマスターが全部しはらってくれたのにそんなに安くていいのだろうか。
空港で帰りの予約を1人日延長の変更を頼んだら、日曜だからなかなか無いという。時間も違うし追加で840ランドかかるというから、予定通り明日帰ることにした。
ケープタウンへの出発は10時15分の予定が10時55分と遅れた。隣には女性でケープタウン大学教授でいまヨハネスブルグでの研究会に来た帰りだという。教育学部の教授という、「僕は第2次世界大戦の終了時10歳で勉強は出来なかったし、戦後は食べる物が無くて勉強などした記憶が無いので教育と聞けばコンプレックスを感じる、だからあの時の知識欲をいま少しでも取り返したいために英語や歴史などを読んでいる」と話したら、「教育というのは、若いからやるというものでなく、生きている間はいつまでも知識欲があるのが人間です、だからその気になれば誰でも、その瞬間から学べるし、やる気持ちになれば死ぬまで知識と意欲はでるものなのですよ」と言ってくれた。有り難い言葉で嬉しくなる。
2月号の「民主文学誌」を持ってきたので、短編の「レモン」というのを読んだ。大学を出て契約社員になっている男女の同窓会の帰りの話だが、男女とも好意を持っていながら、好きであることを表現できないし、「今度合う時には本心を話すことができたらいいね」と言って別れていくという筋書きである。文学というのは直接の言葉を使わなくて、使えない心を表現することで読者に考えさせるものだなと感じた。これは俳句にも言えることで心の深みができるように思う。
ケープタウンでは出口で「MOBUTOSHI」と書いた紙を掲げてくれていたから、一度は通りすぎて、もう一度読み返したら、NとMが違っている。電話での聞き違いだったようだ。自分の名前が頭文字が違えば急ぐ時などでは見過ごすかもしれない。これが漢字であればそんな間違いはおこりにくいのだが、文化の違いがこんなところにもでてくるものだ。
空港からホテルまでは20Kぐらいは走ったと思う。なかなか良いホテルである。下車するとチップを請求するから、ホテルの社員でないことが分かる。チップだからと20ランドを渡したら、少ないという。「140ランドくれ」というから「そんなに金は無い」といったら、ホテルでチエンジしなさいというではないか。そして着いたホテルも「いくらなのか?」とドライバーに聞いているところをみると、あきらかにホテルと契約している白タクのようだ。
ホテルにはプールもあり、パブもある部屋には6人部屋で二人の女性が昼寝しているから、前からの宿泊らしい。パブで昼食はサンドイッチとビールですます。
市内観光バスをホテルで予約し、支払いが100ランドで、ほぼ一周する地図をもらった。素晴らしい海岸と山が聳えているから、観光客が集まるはずだ。街には地中海沿岸のような、白亜の建物が段々と山の中腹まで建っていて、雲のない太陽が白壁を輝かせている。飛行機から見ていると郊外には大きな庭がある緑の中に建物がある集団の高級住宅地が相当広い範囲にわたっている。いわゆるアパルトトヘイト地域なのだろう。それとは別にコンテナハウスのようで屋根、壁などすべてトタンでテレビのアンテナも電線の引き込みもないましてテレビもない無宿者といわれる集団が空港の近くや、オフィス街の周辺に密集している。これが、いわゆる米国流の新自由主義の結末のようだ。「強者はより強く」「敗者は努力不足」という烙印を押される新自由主義格差社会の未来の姿を見た思いだ。
ホテルはYHで6人部屋、オランダの若い女性、オーストラリアの大学男性、ニュージランドの男子大学生である。僕は9時に寝たから彼らはまだ深夜まで起きていたに違いない。

[PR]

# by akinishi1122 | 2008-07-01 10:11 | 旅行 | Comments(0)

世界の旅87日(4)

ワンワールド世界の旅(4)
1月24日(木)南アフリカ. ヨハネスブルグ
香港を0時20分に離陸、隣の席が一つ空いて窓際にインド人のような女性が窓際にいる。僕は通路側にしてもらっている。もう深夜だが一時間もせずに食事が出た。ビールをもらってすぐCDを聴きながら寝る。椿姫、日本民謡、世界の青春叙情歌、日本のうたごえともしび、野田淳子歌集、科学的社会主義講座などを掛けっぱなしで眠った。
ヨハネスブルグに着いたのは6時43分だった。外は14度と表示されているからやはり暑い。早速米ドル100を交換してもらったら、550ランドぐらい、それに香港で南アフリカ貨幣に変えたのが60ランドで合計の持ち金が610ランドとなる。
空港に出たら、早速客引きのタクシーやポーターが寄ってきて勧誘する。勿論すべて黒人だ。だが真っ黒というわけではなく少し明るい肌の人たちがおおいように思う。ポーターが「ミヤザキさん」と呼びかけてくる。さすがポーターだけあって僕のスーツケースに書いている文字を読みとっているのだ。かまわずに今日のホテルがタクシーで3分と書いてあるからそうしようと思っていたら、日本人の青年がいて、「このポーターに少しのチップを渡しインフォメイシヨンや明日の予定などを聞いたらどうですか?」と助言してくれたので、この人が日本人だということばかりを頼りに彼に案内してもらうことにさた。日本人の青年から、「YOHANNSUBURUGは何にも見るべき所はないですよ、ケープタウウンがきれいだ」と教えてくれたので明日はケープタウンに行くことにした。ポーターの案内で国内線のカウンターに行き、ケープタウンの飛行機の往復券を買う。往復で税込み2124ランドである。VISAカードで支払う。横にポーターがついていてくれたので助かった。それかタクシー乗り場だ。そこまでのつきあいで20ランドくれと請求された、どのくらいがチップの相場なのか分からないが、100米ドルを550にもなったので五分の一とみればそんなもんでいいかとの判断で渡した。すると少々不満げだったが次の客を探すためだろうさっさと去ってしまった。
次がタクシーだ。ホテルを見せたがここのタクシーにはメーターがついてない。5分ほどで着いたら80ランド請求された。これも乗る前に料金を聞くべきなのだろうが、行き先も確かでないから、聴き様がないから請求されたまま支払った。
ホテルは空港のそばで飛行機の機体も見えているぐらい近かった。
ホテルといっても信顕に頼んでYH並を探してもらっていたから
大部屋で8つのベッドがあるが僕一人で使用できる。支配人は白人で奥さんは黒人、ホテルに勤務していたが4年前に独立してここを経営しているという。イギリスから来たというがなかなか親切で、明日の空港までは車で送ってあげると言うし、夕食の買い物にも車で送ってくれるという。午後から市内観光には「自分の友人に案内させる」といってくれる。お礼は100ランドでいいとのことだ。
ホテルの庭は1000坪ぐらいもある広大な敷地である。木造の2階建であり今は暇の時期のようで、沢山の部屋でもほぼ一人で使っていけるようだ。
プールもあり、プールサイドにいた白人に話しかけたら、58歳でオーストラリヤ、シドニーからきたという。勝新太郎に似た人で歴史の教師をしていたがもうリタイヤして2ヶ月のホリデーで世界旅行の途中とのこと、もうひとりドイツの人もプールサイドで新聞を読んでいる。これだけが昼までに見かけた客である。
1時になって観光案内してくれるフランクという青年がきた。外出するのに僕の身なりだと危険だという。携帯電話、カメラ、ポセット、これも持たないほうがいいという。パスポート、トラベラーズチエックまで預かるという。持ち物は現金だけだ。電話やカメラは青年が預かり、必要なとき渡すというのだから危険の度合いが極端にきついのだと怖くなった。目に見えているものはひったくられるらしい。極度の緊張のなかでフランク君と出発した。
最初が中型の15人乗りぐらいの車に乗る。どんどん人が乗りこんできて満席になったら発車した。やがて僕のフランク君が20ランド出せというから渡すと各々も後ろの座席から順番にお金を手送りで一番前の運転手の横の人がまとめて運転手に渡している。これは乗り合いタクシーなのかバスなのか看板もない、座席の数で運転手も料金は分かっているのだろう。また客が僕に料金は渡したか?と言うからフランク君の方を指差して彼が払ったとジェスチュアーで示した。乗客どうしで料金もチエックしてるらしい。勿論乗客は黒人ばかりだが、ここはイギリスの植民地だったから英語が通じる。
たしか独立したのはまだ10年ぐらいではないかと思う。独立運動の闘士であるマンデラが獄中数十年繫がれていたと思う。それほど独立運動を弾圧し、しかもアパルトヘイトといって黒人の居住区を区別していたのだった。こんな差別と管理を徹底した結果民衆の心は荒んだのであり、治安が悪いのはその名残であろう。
街の中心までは50Kというからかなり遠いが途中まではポツポツと住宅らしい平屋があり緑の中に赤土がいっぱいみかけられる。空は曇りで美しいとは感じられない。乗る前に危険を大分吹き込まれていたのでバスの中でも緊張しっぱなしだった。一番後ろの座席だったから女性の耳に金のネックレスをほとんどつけているのは服装に比べてさすが金の産地だなと思う。
沢山の高いビルがあるのにあまり道を歩いている人が少ない。やがて高いビルに案内してくれた。50階の展望台がある最大のビルだ。ここから全市内が見渡せる。何故こんなに沢山のビルなのかと思ったら、展望台にこの国の金やダイヤモンドの発見から開発の歴史が展示されているから理解できた。
金や ダイヤモンドの産地で世界の金が集まってくる、いわばアラブの石油と同じで財宝の原産地だからとわかる。展望台から下を見ると赤土がいたるところで掘りだされているから、まだ発掘は続いているのだろう。一方に宝を発掘して財宝を築くのにその生産物を発掘する労働者は貧困だから民衆の不満が窃盗や強盗となり荒むのは貧富の差がもたらしたものであろう。
ここのビルの地下には立派なショッピングがあるし結構にぎわっている。だが大きな街でもダイヤモンドの貿易などの事務所で見るべき遺産はないようだ。
帰りは雨になったが、そんなにきつくはない、一日に2・3回は雨らしい季節という。だから殆どの人がビニールのカッパをすぐ出して着ている。フランク君に傘をさしかけたら、すぐ止むからいいという。帰りもおなじように乗り合いバスでかえる。小学生の帰宅時間だったが、さすがに白人の学生は見かけない。いまだにアパルトヘイトで白人の居住地は別なのだろう。
独立開放運動の父、マンデラはさすがにあらいる商店に顔写真が展示されている。たしか2期ぐらい大統領を務めて今は別の人になってると思う。
ホテルに帰ったらすぐにスーパーに連れてくれた。すぐ近くだというから歩いて行けると思ってたら10K以上もあるところだ。オーストラリア人も一緒に乗せてもらった。ビール、チキンの丸焼き、 ポテトマヨネーズ、バナナ、桃、パン、牛乳などを買って帰りもマスターと一緒だった。50少々
だったが、マスターがレジーで支払い明日清算するとのことだ。
 昼食を食べてなかったので6時前に食事した。そのとき、黒人の奥さんに子供は何人ですか?と聞いたら「3人で上が貴方を案内したフランクで下が6歳の今一緒に買い物にいった娘」とのことだから、この奥さんは2回目かもしれない。フランク君は黒人の顔だが、下の6歳はハーフだとわかるスキンをしているのだから。だからここのマスターがフランク君のことを僕に友人と紹介したのかもしれない。
 夕方こちらの6時は日本の深夜1時だから眠たくて食事を早くすませて寝た。

[PR]

# by akinishi1122 | 2008-06-29 11:09 | 旅行 | Comments(0)

佐々木正喜


モノ忘れをなくす方法



 月刊誌「経営者会報」の7月号の付録にタイトルの小冊子が付録として付いてきました。年齢を重ねるとモノ忘れが多くなっていないにも関わらず、記憶力減退の恐怖がのしかかってくるような気がします。 
 小冊子に書かれていることで、私がやっていることあるいはこれからやれそうなことを抜粋して列挙してみたいと思います。 
 記憶力のカギは右脳にあるようです。右脳を鍛えるには左手を使うのがよいという事ですから、若かりし頃やっていたギターをやるのがいいかも知れません。歴史上の人物にも左利きに有能な人が多くいました。楽器とまでは言わないにしても、意識して左手を使うようにしましょう。 
 日の出と共に起き、日没と共に眠るのが人間の遺伝子に組み込まれている。これが脳の活力、記憶力のよい状態を作っています。朝家を出る2時間前に起きること。これなら今の習慣をかえることはありません。5時半に目を覚ますと寝坊した事になっています。家を出るのは7時25分です。 
 朝食を抜くと記憶力・判断力・集中力が低下します。交通事故を起こした人の中にも朝食抜きがはるかに多いということです。私は6時に朝食をとります。抜くなどと言うことは絶対考えられません。腹ペコになります。 
 ビタミンEを多く摂ること。大豆、ピーナツなど豆類。牛・豚のレバー、野菜ではほうれん草やキャベツです。私はレバーは最近全く食べていませんが、大豆加工品やキャベツほうれん草は沢山食べています。 
 どうやら自分に都合のいい事ばかりを書いてしまいましたが、集中することも大切なことのようです。
..2008年 6月 28日 (Sat)

[PR]

# by akinishi1122 | 2008-06-28 12:43 | Comments(0)

ヨハネスブルグ南アフリカ

ワンワールド世界の旅(4)
1月24日(木)南アフリカ. ヨハネスブルグ
香港を0時20分に離陸、隣の席が一つ空いて窓際にインド人のような女性が窓際にいる。僕は通路側にしてもらっている。もう深夜だが一時間もせずに食事が出た。ビールをもらってすぐCDを聴きながら寝る。椿姫、日本民謡、世界の青春叙情歌、日本のうたごえ灯火、野田淳子歌集、科学的社会主義講座などを掛けっぱなしで眠った。
ヨハネスブルグに着いたのは6時43分だった。外は14度と表示されているからやはり暑い。早速米ドル100を交換してもらったら、550ランドぐらい、それに香港で南アフリカ貨幣に変えたのが60ランドで合計の持ち金が610ランドとなる。
空港に出たら、早速客引きのタクシーやポーターが寄ってきて勧誘する。勿論すべて黒人だ。だが真っ黒というわけではなく少し明るい肌の人たちがおおいように思う。ポーターが「ミヤザキさん」と呼びかけてくる。さすがポーターだけあって僕のスーツケースに書いている文字を読みとっているのだ。かまわずに今日のホテルがタクシーで3分と書いてあるからそうしようと思っていたら、日本人の青年がいて、「このポーターに少しのチップを渡しインフォメイシヨンや明日の予定などを聞いたらどうですか?」と助言してくれたので、この人が日本人だということばかりを頼りに彼に案内してもらうことにさた。日本人の青年から、「YOHANNSUBURUGは何にも見るべき所はないですよ、ケープタウウンがきれいだ」と教えてくれたので明日はケープタウンに行くことにした。ポーターの案内で国内線のカウンターに行き、ケープタウンの飛行機の往復券を買う。往復で税込み2124ランドである。VISAカードで支払う。横にポーターがついていてくれたので助かった。それかタクシー乗り場だ。そこまでのつきあいで20ランドくれと請求された、どのくらいがチップの相場なのか分からないが、100米ドルを550にもなったので五分の一とみればそんなもんでいいかとの判断で渡した。すると少々不満げだったが次の客を探すためだろうさっさと去ってしまった。
次がタクシーだ。ホテルを見せたがここのタクシーにはメーターがついてない。5分ほどで着いたら80ランド請求された。これも乗る前に料金を聞くべきなのだろうが、行き先も確かでないから、聴き様がないから請求されたまま支払った。
ホテルは空港のそばで飛行機の機体も見えているぐらい近かった。
ホテルといっても信顕に頼んでYH並を探してもらっていたから
大部屋で8つのベッドがあるが僕一人で使用できる。支配人は白人で奥さんは黒人、ホテルに勤務していたが4年前に独立してここを経営しているという。イギリスから来たというがなかなか親切で、明日の空港までは車で送ってあげると言うし、夕食の買い物にも車で送ってくれるという。午後から市内観光には「自分の友人に案内させる」といってくれる。お礼は100ランドでいいとのことだ。
ホテルの庭は1000坪ぐらいもある広大な敷地である。木造の2階建であり今は暇の時期のようで、沢山の部屋でもほぼ一人で使っていけるようだ。
プールもあり、プールサイドにいた白人に話しかけたら、58歳でオーストラリヤ、シドニーからきたという。勝新太郎に似た人で歴史の教師をしていたがもうリタイヤして2ヶ月のホリデーで世界旅行の途中とのこと、もうひとりドイツの人もプールサイドで新聞を読んでいる。これだけが昼までに見かけた客である。
1時になって観光案内してくれるフランクという青年がきた。外出するのに僕の身なりだと危険だという。携帯電話、カメラ、ポセット、これも持たないほうがいいという。パスポート、トラベラーズチエックまで預かるという。持ち物は現金だけだ。電話やカメラは青年が預かり、必要なとき渡すというのだから危険の度合いが極端にきついのだと怖くなった。目に見えているものはひったくられるらしい。極度の緊張のなかでフランク君と出発した。
最初が中型の15人乗りぐらいの車に乗る。どんどん人が乗りこんできて満席になったら発車した。やがて僕のフランク君が20ランド出せというから渡すと各々も後ろの座席から順番にお金を手送りで一番前の運転手の横の人がまとめて運転手に渡している。これは乗り合いタクシーなのかバスなのか看板もない、座席の数で運転手も料金は分かっているのだろう。また客が僕に料金は渡したか?と言うからフランク君の方を指差して彼が払ったとジェスチュアーで示した。乗客どうしで料金もチエックしてるらしい。勿論乗客は黒人ばかりだが、ここはイギリスの植民地だったから英語が通じる。
たしか独立したのはまだ10年ぐらいではないかと思う。独立運動の闘士であるマンデラが獄中数十年繫がれていたと思う。それほど独立運動を弾圧し、しかもアパルトヘイトといって黒人の居住区を区別していたのだった。こんな差別と管理を徹底した結果民衆の心は荒んだのであり、治安が悪いのはその名残であろう。
街の中心までは50Kというからかなり遠いが途中まではポツポツと住宅らしい平屋があり緑の中に赤土がいっぱいみかけられる。空は曇りで美しいとは感じられない。乗る前に危険を大分吹き込まれていたのでバスの中でも緊張しっぱなしだった。一番後ろの座席だったから女性の耳に金のネックレスをほとんどつけているのは服装に比べてさすが金の産地だなと思う。
沢山の高いビルがあるのにあまり道を歩いている人が少ない。やがて高いビルに案内してくれた。50階の展望台がある最大のビルだ。ここから全市内が見渡せる。何故こんなに沢山のビルなのかと思ったら、展望台にこの国の金やダイヤモンドの発見から開発の歴史が展示されているから理解できた。
金や ダイヤモンドの産地で世界の金が集まってくる、いわばアラブの石油と同じで財宝の原産地だからとわかる。展望台から下を見ると赤土がいたるところで掘りだされているから、まだ発掘は続いているのだろう。一方に宝を発掘して財宝を築くのにその生産物を発掘する労働者は貧困だから民衆の不満が窃盗や強盗となり荒むのは貧富の差がもたらしたものであろう。
ここのビルの地下には立派なショッピングがあるし結構にぎわっている。だが大きな街でもダイヤモンドの貿易などの事務所で見るべき遺産はないようだ。
帰りは雨になったが、そんなにきつくはない、一日に2・3回は雨らしい季節という。だから殆どの人がビニールのカッパをすぐ出して着ている。フランク君に傘をさしかけたら、すぐ止むからいいという。帰りもおなじように乗り合いバスでかえる。小学生の帰宅時間だったが、さすがに白人の学生は見かけない。いまだにアパルトヘイトで白人の居住地は別なのだろう。
独立開放運動の父、マンデラはさすがにあらいる商店に顔写真が展示されている。たしか2期ぐらい大統領を務めて今は別の人になってると思う。
ホテルに帰ったらすぐにスーパーに連れてくれた。すぐ近くだというから歩いて行けると思ってたら10K以上もあるところだ。オーストラリア人も一緒に乗せてもらった。ビール、チキンの丸焼き、 ポテトマヨネーズ、バナナ、桃、パン、牛乳などを買って帰りもマスターと一緒だった。50少々
だったが、マスターがレジーで支払い明日清算するとのことだ。
 昼食を食べてなかったので6時前に食事した。そのとき、黒人の奥さんに子供は何人ですか?と聞いたら「3人で上が貴方を案内したフランクで下が6歳の今一緒に買い物にいった娘」とのことだから、この奥さんは2回目かもしれない。フランク君は黒人の顔だが、下の6歳はハーフだとわかるスキンをしているのだから。だからここのマスターがフランク君のことを僕に友人と紹介したのかもしれない。
 夕方こちらの6時は日本の深夜1時だから眠たくて食事を早くすませて寝た。

[PR]

# by akinishi1122 | 2008-06-28 12:38 | Comments(0)

被爆者の立場から  廣島

8月6日、私はあの時の瞬間地に伏した。一瞬あたりは大音響
とともに暗闇に包まれた。右頬に激しい熱さを感じ、その後頬の皮膚がただれ剥がれた。
 学徒として建物疎開に動員されていた妹は、同じこの瞬間若い命を奪われた。
その日私は妹ととともに一切の家財を失ったのである。
私にとって忘れることの出来ない63年の歳月が流れた。
敗戦国日本は「経済大国として」成長した。
「喉もと過ぎれば熱さわすれる」にならないようになりつつあるのではないか。


廣島県中小企業家同友会前代表理事   三川 琢美

[PR]

# by akinishi1122 | 2008-06-28 11:38 | 九条の会 | Comments(0)