<   2017年 04月 ( 54 )   > この月の画像一覧

今日の一句

4月29日

配達便夏服に替え玄関へ

配達便にも服を着替えなさいと夏服に着替えねばならない


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-30 11:16 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

4月28日

春一番帽子ようやく飛ばされず

ポカポカ暖かくなり春一番に帽子が飛ばされそうになる


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-29 12:31 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

4月27日

腹まわり太くなりすぎ夏背広

衣更え季節になるともうどの背広も腹まわりで失格


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-28 07:20 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

4月26日

同級生五十入門絵春個展 

高校同期の菅原瑠璃子さん京都美術展入選した記念個展にお祝いに京都まで


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-27 13:28 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

4月25日

文学の正会員や風光る

「日本民主主義文学会」の正会員に登録されたとの知らせがきた


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-26 08:01 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

4月22日

枯れ枝を新芽の前にかたずける

冬に剪定した庭木の枝が積んだままだったから新芽のためにかたずけた

4月23日

ふと想い「反デユーイング論」の4月かな

エンゲルスの「反デユーイング論」は時々読み返す値打ちの本だ

4月24日

角帽子兄のお古や春写真

60年前の写真が出てきたが、兄のお古の角帽を被っている


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-25 07:02 | 俳句 | Comments(0)

カナダ旅行使節団

カナダ旅行 1990年4月13日(金)

この旅行は日刊工業新聞主催でカナダ大阪領事館の援助による「カナダ住宅(資材)視察団である。カナダの領事館から案内が来たのは3月10日過ぎだった。日刊工業が募集した25名の予定人員に大分不足しているから、カナダ領事館が知っている企業に呼びかけたようだ。他にもそうゆう経路で来た人がいる。総勢は9名、これにはカナダ領事のドラブルさんも含まれている。

阪急交通社も同行する。少人数すぎるから日刊工業新聞の団員である宮部論説委員が世話をしてくれることになった。現地トロントにドラブルさんが待っていてくれ全行程を同行し通訳もしてくれることになった。

 領事館で4月9日説明会に集まった際には視察団だから団長、副団長を決めようじゃないかとなったことで、一番年長者にとなったら僕が一番で上。しかしこんな団長など、目的からして不向きだ、第一僕は観光が目的なのだから、ということで次の年齢の人で昭和10年生まれの横山さんということになった。また副団長は、主催者の日刊工業の宮部氏がやるべきだということで、そんなにわかずくりのメンバー。神和木材の社長横山景樹、同工場長森本氏、和穀(中国宅建社長)同藤井係長、神戸不燃板工業、奥谷部長、社長の子ども、東京からは第一住研東京支店長の近藤氏、日刊工業の宮部論説委員、其れに僕、カナダ領事、大阪ドラブル氏の9名である。

 家に久安さんが迎えにきてくれ伊丹空港まで佳子も送ってくれた。雨だったから、昨夜阪急タクシーの久安さんを頼んでいたからたすかった。

 成田で東京に電話したら、支店長の坂下君しかいなくて、信顕の声は聴かずじまいだった。

 16時20分発のカナデイアン航空の禁煙席で12時間の4人掛け これではたまらないと禁煙席に行ったら運よく二人席が空いていたからそこで足をのばして寝る。他の人は殆ど座ったままだったようだ。隣の席にいた奥谷君は二世経営者で僕の経営者としての創業時の話と子供に対する経営者としての話をしたら、父も全く同じことを言います。と熱心に聞いてくれていた。同友会を勧めるつもりで話している。

 日刊工業の宮部氏に僕が同友会で役をしていることを話したら、「同友会には理論家が多いですね」といって、同友会のことも知っていられた。

 カナダ大陸を飛んでいるとロッキー山脈からずっと雪が続く、5時間も大陸の上なのに、家が見られない、広い国もあるもんだ。河があっても水が流れていないように見える、道路が走っているのはよくみえる。だが車の往来しているかどうかは見えない大変な国だ。カナダ材を歩輸入しよったって大した時間がかかる、こんな費用をかけても日本より安くできるのだから不思議である。

だが上空から見ていて交通の問題も知り、これからの話しもこのことを頭に入れてできるから良いかもしれない。森林も多いし、少々切出してもこれだけあるのだから大丈夫ということも知った。

 トロントに着いたらどれだけ寒いか気にしたがさほど寒くはない。8℃というからコートも無くて少しの時間は大丈夫のようだ。

今日は復活祭キリストが昇天したという日だということで、休日、人通りも少ない。20階30階のビルが大分建っている。ニューヨーク程土地は狭くないから、高い建物でも窮屈な感じがしない。灰色の街だ。緑が少ない、植林がまだ小さいから、ビルに消されてしまっている。何といったか全て外装しているビルがあるが、本物の金らしいから、誰か剥ぎに来ないか心配だ。20階もあろうというのに、だから凄い金をかけている。消費税が何を買っても8%だそうだから高くつく買い物になるだろう。こんなところを見ているから、日本政府も強気で導入したのであろう。

 夜は6時集合で、中華料理店に行く、そこで皆と今後の、遊びの打ち合わせ。

ナイアガラの滝見学は100㌦で食事つき、これに全員で行こうということになった。とにかく寝ていない人が多いから、今日は夕食後すぐ寝ようということになった。

ホテルは一人一室だからありがたい。8時半に食事が終わって外に出たらまだ明るい、昼夜の感覚というのは、日本であることで、日本の尺度で一日も「太陽が出て日没までを一日とする」などこんな感覚すら日本的ということになるようだ。この「日記14日朝1時から眼覚めて書きはじめた。今2時9分。14日集合は8時45分という。

1990年4月14日 トロントホームショー


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-24 18:08 | 旅行 | Comments(0)

今日の一句

4月20日

高校の孫娘友の名まだ聞けず

高校に1年になったがまだ学校の様子は聞けないまま

4月21日

ステーキを歯ぬけの妻が分けてくれ

歯の抜けた妻はステーキ食べるのに苦労するらしい


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-22 01:00 | 俳句 | Comments(0)

家族日記

薫留学先への通信・イギリスブライトンへ

19824月10日から

薫のための家族日記19824月10日(土)

薫 起床830

顕 報徳授業開始のため、7時50分出発

姉に挨拶をして出掛けた。授業時間が12時30分で終わるのでタクシーで行っても薫香の出発時間に間に「あわない、だから出発の115分前に家に電話をいれてシンガポール航空の黄色の機体を見ておくようにおばあちゃんに連絡した。帰宅してその飛行機を見たとのこと、家野庭から3人(秋西おばあちゃん、井坂おばあちゃん、信顕)で手をふった。とのこと

秋子 見送りに来た5人にタクシー代と喫茶代を渡して御礼をいう、ターミナルの屋上で手を振りながら、涙を流している娘がいた。 


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-21 21:27 | Comments(0)

本へのお便り

東京中小企業家同友会前代表理事 スーパー文化堂社主 後藤せき子さんより

宮崎さん突然のお手紙ごめんなさい。宮崎さんに16年ぐらい前全国総会の折「百歳の会」にお入りなさいと細かな説明もなく、パチッと写真シャッターの音で入会しました。東京中小企業家同友会代表理事のスーパーマーケット経営の文化堂後藤せき子です。

宮崎さんの「七十歳~八十歳世界ひとり旅」の出版を時々贈呈いただき乍らお祝いのことばももうし上げず大変失礼いたしておりますが、今回「とりあえずのピリオッド」を頂き恐縮のあまり言葉もございません。が恥を忍んで一筆啓上でございます。

宮崎さんの様な人生設計を着実に実行して多くの友人まで楽しませて呉れる人は先ず居ないと思います。にこやかなお顔を想像しながら深くお詫び申しあげます。又いつか総会で出会えたら嬉しいです。

私は昭和四年生まれで6人兄弟の長女に生まれ、父が出征して満州に征き岐阜米の農家を長男と二人で母を助けて守り、父が帰ると上京して4坪の御菓子屋創業でスタートでした。63年事業を続け従業員に会長、社長を譲りましたが、それ以外なんの趣味もなく、今日まで商売を趣味にしてきましたので、宮崎さんから頂いたご本も見出しだけを読んでいるだけで、毎日飛び廻っております。

又同友会友人の方々から、自伝出版の本も沢山いただいていますが、読む事が下手で100歳人生を計画している中の大きな楽しみにしています。ただよく働き続けただけで何一つ出来ない私の恥ですが、少しだけ私の歴史を贈らせていただきます。

2017年4月18日

社史「ありがとう50年」株式会社 文化堂

独立独歩で60年「正直に 前向きに そして明るくね」後藤せき子の言葉


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-20 19:18 | 旅行 | Comments(0)