<   2017年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

読者からのお便り

旅の本11冊目へのお便り

岡山旭東病院院長 土井章弘先生から 317

宮崎信敏様

有難うございました。「とりあえずのピリオッド」を送りくださり、早速拝読させていただきます。

私の文章を掲載していただき恐縮です。もうしばらく病院で仕事を続けますが、宮崎さんのようにもっと人生を楽しみたいと思います。

とりあえずお礼申しあげます。

大阪中小企業家同友誌編集長 西岡化建(株)専務  西岡洋子さんより

 3月18日

ようやく春めいて参りましたね。

宮崎さんお元気ですか。昨年の手術のことなどは、本のはじめ書きにて読み驚きました。今は養生されて回復した訳ですね。良かったです。元気になられて。

新作版「70歳~80歳世界ひとり旅・とりあえずのピリオッド」をお送り頂きましてありがとうございます。北欧の旅を読んでいますと、あの頃に読ませて頂いたくだりを思い出します。一人旅は淋しいし、危険もつきものです。よくぞ10年間を密に世界を歩かれたことと感心し、尊敬しています。

全国研究集会鹿児島へは行かれましたか。鋤柄会長がコメント寄せておられますね。皆様のそれぞれのお祝いの言葉がよく分かります。私の親しい人は、ポーランドにいますが、ポーランドへの旅行記が無いのがちょっと淋しいかな。

 鹿児島から取り寄せた焼酎ですが、よろしければ一杯飲んでください。

今年の大阪総会は4月27日です。出逢えたら嬉しいです。  西岡洋子

睦句会   中野富美子さんより  3月20日

 心待ちにしておりました旅行記の本、本日届きました。ありがとうございました。

本棚一列宮崎さんの本が並びました。又初めから少しずつ読ませて頂きます。

 日記がわりに毎日俳句を詠んでおられると森茂子さんの投稿にもありましたが、見習わないと、と思っています。

次回の句会を楽しみにしています。

五和町助役 西照雄 さんより  3月20日

報徳学園の快勝おめでとう 素晴らしい闘いぶりでした。貴兄のことだから、あるいは甲子園のアルプスで躍り上がっているかも知れませんね? 貴兄が生きた人生の確かな証し、同級生としての誇りを胸一杯に感じながら受領いたしました。「とりあえずのピリオド」が、社会福祉の理想郷北欧とは…ゆっくり読ませていただき、終活への道しるべにしたいと思います。 報徳学園の快進撃を祈念し、とりあえずお礼といたします。

作家 東京大空襲資料センター館長 早乙女勝元さんより 3月20日

ピリオッドのご本を有難うございました。昨日、夕刻までかかって読了しました。

めったにないことですが、それだけの迫力があって、楽しいです。私は今月末で85歳になるところですが、おおいに励まされました。だって2年しか違いませんから。

今度のご本は、私も出かけた国が半分近く、そしてやはり青春期のストックホルムアピールなど懐かしいです。占領軍誹謗とかで交番に連行されて冷や汗ものでした。青春は遠ざかりましたが、志は当時のままです。

お元気でよい日々を!

(はがきの裏には早乙女さんが「憲法九条の魂」碑の前で写真)

この三月末で85歳にギヨ!自分で自分のトシに驚き呆れています。残りの時間が気になりますが、まだまだ●昨年は「蛍の唄」(戦争と青春改題)「写真版東京大空襲の記録」(新潮文庫)共にハンディで安く、おすすめです●連日4000歩以上コーヒー店まで歩いて、次回作のプランを考えています。●近況写真は沖縄南部の南風原にて照屋真治氏の撮影です●大きな丸石のモニユメントに、元気が出ますよね

文学阪神  潮田のぶよさんより 3月20日

「とりあえずのピリオド」受け取りました。多彩な顔ぶれの

表紙写真、配置もよく素敵です。ありがとうございました。

バルト3国、ドイツ、訪れた場所を読むと、また旅に出たくなります。

私もついに80歳になりましたが、行けるでしょうか。

昨日は一日テレビの籠池発言にくぎ付けでした。

3月の報告よかったです。

私は4月に当たっているので例会が終わるまで苦しい気持ちです。

作品提出もまだだし。         潮田のぶよ

天草の一年後輩で鬼池在住の宮崎(小川)定子さんより 3月21日

はじめましてお手紙を書かせていただきたく機会を頂きます。 信敏様の一年後輩の鬼池の者で、旧姓小川でございます。鬼池に生まれ育ちそして鬼池に骨を埋めようとしています。

 信敏様の旅の記録はいつも鬼池の局長様から頂き愛読させていただいている者でございます。

そして信敏様の生き方に敬意と羨ましさを感じているのに、何も行動に移すことができないで、今に至りました。

この度は鬼池の雛祭りに御出で下さってありがとうございました。

そして粗末な小さなお雛様のバッジに目をとめていただきありがとうございました。わざわざ田舎の小さな雛祭りに御出で下さる方に何か感謝の気持ちをあらわしたいと思って夜なべに作ってみたものです。信敏様のおかげで、私は行ったこともない国々に粗末なお雛様をお連れ下さっていると考えただけで楽しくなります。

 元気な間は、お雛様の行事に参加させて頂だこうと思っております。

今後ともよろしくお願い致します。いろいろとありがとうございました。

信敏様はじめ皆様のご健康をお祈り申しあげます。

ご住所も信敏様の本から移させていただきました。悪しからず

お許しください。

863-2331 天草市五和町鬼池956番地   宮崎定子 

宮崎定子様

 お手紙を頂きながら、ご返事が大変遅くなってしまったことをお許しくださいね。私の一年後輩ということで非常に親近感を感じています。

鬼池に帰省する度に感じることですが、私はみなさんの生き方に大変学ばせていただいているのが嬉しく感じているのです。といいますのは、世界を一人旅をしていて、人間の幸せというのは何であろうか。と考えさされ、物が豊かや、肩書きやその人の社会的地位というのが必ずしも幸わせとは限らないということをつくずく感じてきたのです。

いわゆる文化や物が豊富でない国々の人達が共通に心が優しいように思えるのです。そして、子どもから老人までベンチなどで何人かで語り合っている風景にであえて、なんと気持ちが暖かくなるものか、と感じ、そして話の仲間にいれてくれるのです。

私は主に大阪など人々が沢山いる地域で仕事や交流をしているのですが、日本では、笑顔がないですね。それと語らいがないですね。ところが、先日鬼池に帰省して見える風景はお年寄りが何人か集まり、語り合っているのです。人間が人間らしいというのは、語り合い、そして何か共同で一緒に催をすることで、心が安らぎを感じるのではないでしょうか。

それが鬼池にはあるのですね。雛祭りに家々でみんな送り出した娘たちを懐かしむ、鬼池に娘たちがいなくても、皆が昔を懐かしみ、子供達がいなくても近所の人々が語り合う風景を鬼池中で見かけることができました。

それ以外にたくさんのお祭りを季節ごとに開いて共同で喜ぶ、こんなことは、余所者ばかりの都会ではなかなか、できにくいものです。これはその土地の文化で、そこでしか味わえないものですね。

それと、みんなが挨拶をかわしあう風景も素晴らしいです。わたしたちは隣の人の顔をまともに見たり、話込んだりすることが殆どありません。

東京砂漠、大阪砂漠という言葉すらあるほどです。

鬼池の誇りを沢山沢山語る、知ることの材料が一杯あるように思うのです。鬼池の野菜、枇杷、蜜柑、味噌、魚、なんでも日本一です。日本一にするのです。

マイナス面だけでなく都会に無い人間の温もりを見つけ、語り合う、そして誇りをもつことが今からはそれが特徴になると思います。

そして、見つけた誇りを日本中や世界に紹介し、自分の土地が世界の中心だという意識を持とうではありませんか。

そんな材料は探せば日常の中に一杯見つけることができると思います。私がたまに帰省するたびに鬼池の素晴らしさを発見してかえるのです。

外にでた人々から、鬼池の懐かしさを想い出してもらい、それを地元の誇りとして残すことができれば、過疎はそれが希少価値となり、誇りとなる共通の親子や友達の誇りと自信に仕上げましょう。

鬼池から風船を飛ばし、その中に手紙を入れ、知らない土地の人々との交流を始めたり、天神山に登り記帳簿に書いてある人達へのお手紙を発信して材料を創っていく、天神山で沢山の土地から来られていることに嬉しい希望を持ちました。

色々の人が、未知の人々との交流の機会はあるものだと思います。

鬼池のマイナス面は実はプラスの特徴だと考えことにしましょう。

またお便り交換致しましょう。

       2017年3月27日    西宮市    宮崎信敏


[PR]

by akinishi1122 | 2017-03-31 12:17 | 旅行 | Comments(0)

今日の一句

三月三十日

マンションは塗装工事や春暗し

 マンションの全面外装工事のため、テントシートで窓が暗くなった  


[PR]

by akinishi1122 | 2017-03-31 09:43 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

三月二十九日

春始め高校野球のスタンドへ

 準々決勝まで進んだ報徳学園の応援にアルプススタンドで応援した甲斐がありベスト4になった

  


[PR]

by akinishi1122 | 2017-03-30 08:56 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

三月二十八日

辺野古海泳いでみたき青き水

 住民の反対を無視して辺野古に米軍基地を

を造ろうとしている


[PR]

by akinishi1122 | 2017-03-29 08:10 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

三月二十五日

彼岸日や共謀法を閣議決め

 森友學園の審議のどさくさに共謀法を自民公明で閣議で決めてしまった

三月二十六日

早起きし春の甲子園スタンドへ

 報徳学園のベスト8を掛けた試合だから早起きして応援にいったが風邪をひいてしまった

三月二十七日

晩春や文学の合評に友誘い

 山の会の仲間で自伝を残したいという友を四月の合評会に誘う  


[PR]

by akinishi1122 | 2017-03-28 18:02 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

三月二〇日

ひめゆり塔日本の捨石暑き夏

 沖縄は六月23日に戦争は終わっていた本土の天皇制を守るためにその後は捨石とされてきた

三月二〇日

生き甲斐を持つ老友との暑き島

 普天間、辺野古の基地反対を支援のため老友と沖縄に来た

三月二〇日

六月や敵上廻る民殺す

 生きて恥をさらすべからずの「戦陣訓」で

自決に追い込んだ日本軍

三月二〇日

草食のジュゴンの海を取り上げる

 草食の魚、平和の魚の海を取り上げて基地建設に向かう

三月二〇日

夏の海盲目の目は消えぬまま

 米軍の攻撃で盲目になった沖縄の語り部の目には綺麗な海しか残っていない

三月二〇日

夜明け告ぐ「オール沖縄」本土へと

 「オール沖縄」が日本の平和運動の礎を創ってくれた

三月二〇日

「勝ことは諦めないこと」日焼け顔

 新しい基地は作らさない精神を座り込みの日焼けした顔々が語っている

三月二〇日

記帳簿は本土の名前春日和

 基地反対のテント小屋の記帳簿に連日日本中からの名前が記帳されている

三月二〇日

監視小屋カリフォルニヤの婦人記者

 アメリカのマスコミの婦人記者も基地反対の人々を取材に来ている

三月二〇日

食べ方もゴーヤの店で知りにけり

 沖縄名物のゴーヤが煮しめで食べることも教えてくれた

三月二〇日

琉球や大魚小魚の声を聴く

 初めて観る大魚や小魚の声が聞えてくるようだ

三月二〇日

小春日や黒き機体が一機発ち

 3000mの米軍専用の普天間基地で黒い胴体で一機飛び立った

三月二〇日

墓碑銘の叫び妻子か母上か

 数万の墓碑銘の公園の墓碑銘から聴こえるのは妻子か母上への叫びであろう

三月二〇日

隠してもみんな知ってる国の罪

 今日は本土で森友學園疑惑の証人喚問である

三月二〇日

辺野古前警備隊員ロー人形

 辺野古はアメリカの使用権で警備員は毎日幾百の日本人警備員が警備しているがみなロー人形の顔

三月二一日

まだ元気老人仲間と暑き島

 基地反対で頑張っている沖縄の人々の力を貰うのも旅の目的である

三月二二日

曙や反戦地主の牛舎かな

 基地の中での自分の土地で牛舎を造り数百頭の牛を育てている逞しい地主

三月二三日

「不屈」とは瀬長の肌着姿かな

 沖縄が生んだ瀬長亀次郎が祖国復帰に命をかけた「不屈」魂が基地反対の精神となっている

三月二四日

沖縄やパイナップルの土産かな

 沖縄土産に孫たちへのパイナップルを土産にした  


[PR]

by akinishi1122 | 2017-03-25 10:52 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

三月一七日
兜太等の俳人九条の四月くる

 「アベ政治を許さない」のプラカードを掲げ9条俳人の会がいよいよ四月二二日に

三月一八日
合格の祝い揃って琵琶湖かな

 きあらの高校合格祝いに理香が家族全員を琵琶湖に招待してくれた

三月一九日
水温む高浜街に人溢れ

 過疎の街起こしに成功した秀吉の高浜街には 全国からの人が溢れている 


[PR]

by akinishi1122 | 2017-03-20 05:30 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

三月一六日
二年たちマンションで観る春六甲

 六甲の麓から転居してもう二年になり六甲の春を眺める

[PR]

by akinishi1122 | 2017-03-17 09:55 | 俳句 | Comments(0)



[PR]

by akinishi1122 | 2017-03-16 11:15 | | Comments(0)

今日の一句

三月一五日
春場所や娘ら桝席の観覧へ

 春場所の桝席を貰い娘等は感激

[PR]

by akinishi1122 | 2017-03-16 10:39 | 俳句 | Comments(0)