<   2015年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

本へのお便り

Message body





国際特許事務所所長   F?M氏より







背景梅の花の候、宮崎様におかれましては御健勝のこととお慶び申しあげます。



この度は、宮崎様のお書きになった本ご恵贈賜り、ご厚志に感謝申しあげます。いつまでも若々しくチヤレンジ精神に溢れたご様子に感服しております。



本文の内容につきましては、これからゆっくり読ませていただきます。







まだしばらく寒い日が続きますので、くれぐれもご自愛ください。略儀ながら書中をもちましてお礼申しあげます。







2月25日







草々



























尊敬する俳句の先輩師   加藤佳代甫さんより



二月は去ると申しますがいつ迄も寒くやはり暖かい春が待たれます。



此の度「俳句で歩く78歳の旅」を御送付頂き懐かしい写真も拝見出来、少しもお変わりなくて・・・ダンデイーなお姿で感動です!



俳句も臨場感にあふれ、為人と感じました。 私こと昭三の老化に伴い老々介護に入り外出も控えざるを得ない!の日常ですが、なんとか俳句と華道は細々と続けています。   来月早々に甲東園の梅林と関学を吟行することに・・・



当方の結社も後藤比奈夫先生も九十八歳で御子息の立夫氏が主宰となられましたが、私は比奈夫先生の撰を頂いて居ります



今年の特撰・並撰句です。



1月



•呼び込みのための繭玉揺れ止まず


•ウインクする羊の年賀夫に来る

  余生にもこんな果報よ日向ぼこ

  日記買い介護日記になる予感

2月


•繕へる久女を偲び針供養


•ストーカーらしきそぶりの恋の猫

寒紅をさしてひとさし舞ふもよし

果余



宮崎さんの私の好きな句

サクランボ買って話の仲間入り

一人旅もう一人ではなき想い   (季語?)に関係なく好きです

岩苔を踏めば氷の響きあり

来ることの無き街なれど秋の空

旅のつれずれ・・・



宮崎さんの一人旅出来る勇気と健康が羨やましい!

いつまでもお元気でネ!

有難うございました。

2月22日   私の八十一歳のBDです。ニヤンニャンニヤンです。



宮崎信敏様

追伸  切手の件 余り良い絵がなかったのでお孫さんにでも差し上げてくださいませ。











宮崎の高校先生で息子が高校1年の時アメリカ一人旅でお世話になったK先生



宮崎さん「70歳の語学留学1年生」の本興味深く読ませていただきました。

心身ともに健康で物事を前向きに考えて生きていられる宮崎さんを見習わなければなりません。

 私は骨髄腫、リンパ腫で療養生活2年になりましたが、1月に家内抑圧骨折で娘や息子が心配して、現在介護者と病院の医師、生活に一切をやってくれる高齢者マンションでリハビリに励んでいます。

実は私も東南アジヤを主に見聞を広め、現地からの子供(学生)のお世話をしてまいりました。

それでも留学生の中には大学(日本)を主席で卒業して東京の外国語大学院や横浜国立大学を卒業させた事もあり、外国語を学ぶことの難しさを見てきました。

私も卒業した留学生の招待で現地を訪ねました所1万トンのタンカーを保有し、シンガポールからの原油を10基程の貯蔵タンクに入れる等、家も5階建てのお城の様でした。

我が家の子供たち、孫たちの中から医師5名、その中一家は阪大在籍のままアメリカの大学病院で共同研究のため滞在しています。

娘は、現在阪大、大日のベアパークで門真病院、イオンを活動の拠点とし、頑張っています。

娘は子供出産等で日本とアメリカを行ったりきたりしている状況です。

皆様のご健勝をお祈りします。

                               12月13日   

                                     木原一郎









京都同友会 建築家 水上勉の別荘の設計施工 人見明さんより






前略 この度はまたまた「俳句で歩く78歳の旅」拝受いたしました。



前2冊も楽しく読ませていただきました。つくずくNobutoshi



のような世界を旅したいものだと思っております。



 常日ごろはどちらかと言えば硬い本を読んでおりますと、貴殿の旅物語がホットします。



この前も書店で「一度いってみたい世界の旅」を購入してバラパラと見ていました。



 昨年は体調不良と知りました。私どもフアンに楽しい話題を提供してください。



ところで、弊社の近近所にちりめん山椒の店が出来まして、同友会に入会されました。健康に良いとの事で、少しばかりお送りします。



2月26日







草々



百歳の会員 島根の竹田さんより 







俳句で歩く78歳の旅,ありがとうございました。6大陸ひとり旅をようやく読み終わった所でした、有難うこざいます。
出発当日の俳句、ご家庭の様子を拝読させていただきご家族えの配慮またご活躍のようすを拝察いたし人間味ふれる
人柄を感動しました。機会があればお会いしたいと思います。
小生も今年は歳男、足も不自由になり船旅に1ケほど参加しました。それも宮崎さんの本のお陰と感謝しています。
ありがとうございました。



これからゆっくり読ましていただき、小生が訪れた地図があれば思い出を重ねながら楽しく拝読させていただきます。
有難うございました。今後ともよろしくお願いします。

島根県松江市乃白町薬師前3番地3
株式会社さんびる
竹田 俊美  











2月24日











宮崎信敏様



前略



お変わりなくお過ごしでしょうか。



ヴェトナム旅行から帰って1ヶ月になろうとしています。



初めての海外旅行で宮崎さんをはじめ、センターツーリスト元社長の松本さんのお話を聞き またすばらしい方達に出会えてとても勉強おになりました。



宮崎さんには再度本を送っていただき有難う御座います。



ヴェトナム戦争の悲惨さを二度と起こしてはならない思お思いいで憲法9条を守る運動に頑張りたいと思います。



宮崎さんもお身体に気をつけて、益々ご活躍されることを そして又お会いできたらと思います。



かしこ



2015年2月23日    小谷美和子



ヴェトナムでの写真が同封されていた














[PR]

by akinishi1122 | 2015-03-23 17:28 | 旅行 | Comments(0)

本へのお便り








宮崎様



2015年2月23日



少し春めいてきましたが、お元気ですか?



「俳句で歩く78歳の旅」、ありがとうございました。



すごいですね! 4冊目の出版。



この前の本を、少しづつ楽しく拝見しています。



いろいろと勉強になります。



宮崎さんのように、大きな心で



前向きに、過ごしていこうと思います。



ありがとうございました。



山の会かじか 機関紙部S/S氏より











  随筆集団「飛翔」同人で京都の僧侶  H/N山師より







 「俳句で歩く78歳の旅 」を頂き有難うございました。



世界を股に旅をされ、記録に残すことは大変です。



感心すると同時に羨ましい思いをしています。



貴方の人柄がストレートに出ていて楽しく拝読しています。



それにしてもお元気なのに驚いています。語学の力さえあれば怖いものなしなのだなぁと



今更ながら己の無力さに恥いっています。



私も旅行記を  A4版用紙に100枚を越える記録を持っていますが、未だの感じでいます。



飛翔の同人が貴方の作品に啓発されて次々に出版されそうで、近日中に伊藤安治さんも作品を発表されるようです。



 ただ、私の場合貴方のような幅広い交際相手が無く、配布さきがないので諦めています。



本当にありがとうございました。いつまでもお元気で御活躍下さい。



                                           2015・2・24    







天草潮音寺住職  K・S氏より  2月24日







今年の冬は天草も寒いです。



近頃珍しく氷をみました。ご健康にお過ごしの由何よりでございます。



四冊目の著書「俳句で歩く78歳の旅」御恵贈いただき、一気に読了しました。



やはり楽しいですね。ところどころ貴方の思想が見えかくれし、文章に深みがあります。



二,三の本好きの友人に廻し読みしてもらいます。



右取り急ぎお礼まで











信敏様へ   



二度もご自分の本を頂いたのにお礼状が遅くなり本当に、本当に申し訳なく思っています。 



実は一番上の姉が亡くなり片腕をとられた様心細い想いにかられ、少し体調をくずし、毎日の病院通いでした。



信敏さんの本を読み乍、写真も拝見し乍お元気そうで全然変わっていられないのが嬉しかったです。



中学時代を想いだして見たり年をとると云うことがこんなに辛いことかと嘆いてみたり、人間ってもろいものだと思いましたが、信敏さんの前向きな姿、元気な姿を見て少し元気をもらった様な気がします。



青春時代に体を酷使した精か両足膝が悪く立ち上がるとき不自由な感覚です。



整形、眼科、内科など人並みに病院通いが日課です。



15分位の近い病院なので散歩だと思って通っています。



天草の便りも最近は少ないですが、皆さんそれぞれ一生懸命生きているのでしょう。



夏場は海も荒れないし初盆には行けたらと考えて、少し体を鍛える様に前向きに挑戦しようかと思っています。



信敏さんに頂いた本をぼつぼつ読んで信敏さんに元気をもらい、気持ちは若く強く持ちたいと今考えています。



久し振りにペンを取り乱筆で読みづらいと思いますがごめんなさい



お礼が遅くなったのがくやまれますが許してください。本当に有難うございました。



ほんの少しだけカステラを送りました。お受け取りください。



2月24日











天草の鬼池中学同級生荷飛  M/U子さんより











京都中小企業家同友会前代表理事 同友会全国協議会元副会長  Y/H氏より







本日は「俳句で歩く78歳の旅」ご恵贈賜り有難うございました。ロシア・東欧・アイスランド2ヶ月の旅とはこれ又すごい、と感じました。リトワニヤでは杉原千畝博物館を訪れたとあり感動です。かって「飛翔」に仲野さん(元中同協専務幹事、故人)が杉原さんのことを書かれたのを思いだします。宮崎さんはここを目当てにリトワニヤへ行かれたに違いないと思いました。その時の感激が私に伝わってきます。俳句とともに。



数々の旅日記も有難うございます。



乎路媚



2月25日







天草高校新聞部同級生 在山鹿市  H/T子







前略 益々若々しく世界は狭しと駆け巡っていらっしゃる宮崎さんが目に浮かびました。3冊目の本有難うございました。「杉原千畝氏」は私の大尊敬する方ですので大変嬉しく思いました。



今私が一番大切にしている座右の本は「須賀敦子が歩いた道」です。彼女が13年間住んだイタリヤの写真が沢山入っている本、私の大好きだったイタリア。



「須賀敦子の歩いた道」は遥かるなるシエナ、懐かしいフレンチエ偲ぶ」と一作しました。私の毎日は



楽しみは新たなる年 新しき図書館ありて読書たしなむ   です






[PR]

by akinishi1122 | 2015-03-23 17:22 | 旅行 | Comments(0)

本へのお便り







高校同期生新技術事業団 東京在住  E/Y氏より







寒さ厳しき折柄相変わらずお元気のようで安心しています。私共も相変わらずです。本日は貴台の著書をお送り頂き有難うございました。



早速し詳読させていただきました。



特にアイスランドの記述には興味がありましてた。といったのは、私の専門である地熱発電だからです。日本での松川地熱発電所を50年前に建設に関係しました。今後も御活躍を期待しています。敬具







中学同級生 和歌山県勝浦在住 M・K子







毎日寒い日が続いていますが、お変わりありませんか。



先日は又本を送っていただき有難う御座いました。いつもお礼の手紙が遅くなって申し訳ないと思ってい乍日を重ねてしまい、本当にすみません。



毎日少しずつ楽しみながら読んでいます。



信敏さんの人柄いいから、どこに行ってもお友達になれるし人徳があるのかなと思うし、それだけ勉強もされたと思います。



80歳とはいえ、健康であれば、まだまだ大丈夫です。これからも、楽しい旅と俳句がんばってください。



まだまだ寒さ厳しい折、くれぐれもご自愛くださいませ。



かしこ







2015年2月18日











宮崎信敏様、







「俳句で歩く78歳の旅」をお送りくださり、ありがとうございました。



ただ今、拝読中です。これから行ってみたいなと思っているところが



あちこちに書かれていて、いつか参考にさせていただきます。



仕事が最近忙しいので、なかなか旅行ができずにいます。



どうか、お体を大事にされて、くれぐれも安全な旅をしてくださいね。



またお会いできますことを心待ちにしております。







遠谷 茂、真里



2015年2月23日







(大阪で最大の眼科医院長、ベネチアでお会いした眼科医ご夫妻)











民主主義文学界常任理事 作家 風見梢太郎さんより







敬愛する宮崎様。

「俳句で歩く78歳の旅」受け取りました。

表紙の写真がとても美しくてすっかり気に入りました。


やはり、俳句が最初にあると、ずっと趣が深くなりますね。
一つ一つ楽しみに読ませていただいています。

183ページ~184ページ「旅を振り返って」のあたりは、大変
興味深いことが書かれており、またお話しを聞かせていただきたいと
思いました。

まずはお礼まで。

どうぞいつまでもお元気でお過ごし下さい。



風見梢太郎







2015年2月23日







日本民主主義文学会 常任幹事 作家  風見梢太郎さんより







マーケチングコンサルタント 横浜 石原靖廣さんより



お元気で旅も続けられてるようで、旅日記を楽しく読ませていただきました。



私も78歳になりました。



いまだ貧乏性は抜けられず、仕事も続けております。



毎年、アメリカセミナーを5月と10月に実施しまして、お陰様で元気だけが取り柄です。



今年は1月と2月に分けて白内障の手術をしました。



歳は争えないものです。



正敏さんがお亡くなり、天草の唯一のより所が無くなり、寂しいかぎりです。



昔、貴方と松山まさし兄さんのところに行ったことが思いだされます。



大阪にはあまり縁がありませんが、そのうち是非会いたいものです。



お元気でお過ごしください。いつまでも







智恵子さんからも毎年年賀状を頂いていますが失礼しています。宜しくお伝えください。











2015年2月23日







この度はご出版本有難うございます。



これからゆっくり読ませて頂きます。「俳句で歩くロシア・東欧・アイスランドの旅。」



楽しませていただきます。



それにしても、お元気お羨ましいです。もう次の冒険旅行をご計画かと存じまでもお元気で楽しんでくださいませ。



I/T子





[PR]

by akinishi1122 | 2015-03-23 17:14 | 旅行 | Comments(0)

本へのお便り








心斎橋ビルオーナーH・N子さんより



宮崎信敏様 「70歳の語学留学1年生」を3日間で読んでしまいましたしい



ました。後の2冊はゆっくり時間かけて読ませてもらいます。



普通に、だんだん日常生活がわかって来て、友人、回りの人との自然な関係に驚きました。



奥様(秋子)お嬢様(薫)



のご苦労も大変ですね・・Sミッセルさんのお写真を拝見して性格のよさそうな



素敵な女性ですね・・・



一 黒人が赤い口紅をしてもめだたない



一、鍵を無くしても一日、二日たってもあった。



一、モーリタニヤさん子供4人いて下の子供が7ヶ月と言うのに勉強優先だなんて



一、旅日記を家に送るなど一石二鳥ですね・・・



一、名前を覚えるのに名前と職業これいいですネ



一、便秘に綿棒知りませんでした勉強になります。



一、あまりいろんな人と喋らかないほうがいいよと



一、どこまでもご心配ですね



一、蚊のいな国などうらやましい



一、年齢を感じさせない普通の学生さんのようですネ



一、三週間あれば英語の理解ができるって素晴らしいです。



一、プリンが500人ぐらい驚きです



一、駐車場の鎖が両足に引っかかる、倒れる、私も夜豊田ビルの鎖で転びました。



一、妻からのプレゼント奥様株あがる、苦労みのる。



一、秋子さんへサリーのお土産よかったですね。



一、ノブさんは自然でいいですネ



一、ノブさんは友達を作るのが名人ですね



一、ここでは夫婦ではなく親子って感をうけました。



一、P139、8/19(金)アイルランドは横文字でパスしました。



ケンブリッジ留学2005 7/10から(55)まで読んでハラハラおとドキドキでした。



美人との会話、自然ですね。スーッと話かけてスーット別れる。







いつまでもいつまでもお元気でいて下さいませ。



今後とも宜しくお願い致します。



2015年1月14日(水)



  







K/N子さんより







今日は小正月早くも1月も半ばを迎えました。



お変わり御座いませんか。先日はご主人様の著書を送っていただきありがとうら



ございました。



いつも乍ら御主人様の好奇心バイタリテイには頭が下がります。素晴らしいですね。一歳年上なんですね。



私共も元気をださねばと思うものの遂引き込み思案になってしまいます。心身ともにやっぱり80歳やなーと思ってしまう。



84歳と79歳の老夫婦、周囲の人達に迷惑をかけない様



健康に気をつけながら日々穏やかに過ごせたらいいなと思っています。今のところ二人とも病院のお世話になることもなく喜んでいます。



ご主人様によろしくおつたえ下さい。



秋子様







追伸 新居の住み心地は如何ですか、気持ちを新たにいいものでしょうね。











海南市のY/H子さんより







年賀状ありがとうございました。



この度はご主人様の「70歳の語学留学1年生」「73歳の6大陸ひとり旅3ヶ月」の出版おめでとうございます。



そして11月には傘寿に益々お元気で世界中を駆け巡って日本の文化を伝えていただくと共に次の見聞録を楽しみにしています。



すぐには読ませていただけませんがゆっくり味わいながら先の楽しみにします。



秋子ちゃん大変でしたね



以前松岡延子さんからクラス会に出席されました時丘の家の庭に狸の親子連れが来ると話されていましたね そのお家から海の見える街に



新しい環境でしっかりケアされてまたクラス会でお目にかかれます日を楽しみにしています。



毎年いただく年賀状のご主人様の年間の活動ぶりにびっくり!博学でいらっしゃる



俳句や囲碁など趣味も一流そして何よりも自分の体力つくりをしながらご家族を大事にされている姿に脱帽です秋子ちんは子年生まれ?なのにそのパワーを眩しく感じながら



どうぞご主人様によろしくお伝えください。そして秋子ちゃんお大事になさってくださいね



誤字脱字おゆるしを失礼いたします 



1月十一日 



宮崎秋子様   Y/H子さんより







高校の同期生  S・R子さんより 







「73歳の6大陸ひとり旅3ヶ月」送っていただきありがとう御座います。益々の活動力にパワーをもらった気になりました。100歳まであと20年ありますね。・・・



昨年油絵の個展をしました。100歳になって何回目かの個展を目標にがんばって、体力が落ちないように食事と運動を続けるつもりです。俳句もなかなかの出来で大変驚きました。風景が目の前に浮かんで来るようです。返事も書くのを忘れさっそく読ませていただきました。全部はまだ読んでいませんが楽しみながら読ませてもらっています。・・・







2月10日











I/I

インドから2月10日 0:43









本4冊も出版したんですね。おめでとうございます












宮崎様

 ことのほか寒い毎日が続きます。元気にお過ごしのことと推察します。

さて、ベトナム(ホーチミン市、ダナンなど)に旅行されたとのこと。私もこれ
まで一度だけ、ベトナムに行きました。ベトナム料理、ベトナム戦争の傷跡、ベ
トナムの社会経済事情などを見聞してきました。

 昨年出版した本を、赤石さんに昨年11月にお送りしましたところ、しばらくなんの音沙汰もなかったので、心配していましたが、最近、丁重なお手紙をいただ
きました。拙著への感想とともに、昨年10月に食道がんの手術をして、2ケ月ほど入院していたが、最近は、元気にリハビリに励んでいるとのこと。体調管理には、留意したいものと思いました。
きょう 宮崎さんの俳句、楽しんでいます。ありがとうございました。それと、1月24
日の神戸での囲碁大会、別の予定があり参加できなく、残念でした。福島さんに会ったら、今年も優勝されたとか。私よりは、確かに強いです。







研究所 会長 理学博士、G/S氏より















PR







[PR]

by akinishi1122 | 2015-03-23 17:04 | 旅行 | Comments(0)

本へのお便り







香川県中小企業家同友会前会長  S・Mさんより



前略 新潟でお目にかかれて、嬉しい限りです。全国的な会議ではほとんど貴兄のお顔を拝見します。・・というおことは、私もほとんど出席と云うことですが。



 



「七十歳の語学留学1年生」は、素晴らしい実践書です。「ホオー」と驚きながら読み進んでいます。貴兄の真似は出来ませんが、心意気に深く敬意を表します。



2014年7月13日







暑中お見舞い申し上げます。



「70歳の留学おもしろく読ませて頂きましたが、凄いことです。



頭が下がります。今でもその精神を持っての毎日と思いますが、お元気で・







2014年7月14日 



山口県中小企業家同友会前代表理事   H・Mさんより








さやかより



のぶさんお久しぶりです、大変遅くなってしまいましたが、



のぶさんの本の感想を送らせていただきますね。



本当はもっと長くて細かかったのですが、パソコンが壊れてしまって、新しいパソコン購入した際にデータが消えてしまったので、



詳しいお話はまた機会があれば直接お話しさせていただきたいと思っています。



デジタルな社会でパソコンをうまく扱えないとこれから先困りますね…















【本を読んで】







のぶさんの行動力には本当に驚かされます。







ドイツで初めて出会った時に聞いた話からも、すごく生き生きしているな、と思っていたのですが、



それはきっとのぶさんのあふれる好奇心からくるものだろうな、と思います。



旅日記を読んでいて、のぶさんは本当にいろんなところに注目して、他との違いをみとめて、その良さにきづいていました。



他の人が何気なく見て、そのまま忘れてしまうようなことも



のぶさんから見れば珍しいものだったり、感動するものだったりします。



だからこそ、のぶさんの人生がとても明るく、常に生き生きしたものになるのだろうと感じました。



私はこの本を読んで、本当に楽しかったです。



私は「人」が大好きです。



それは、人が温かいから、優しいから、と言った理由ではなく、人が面白いからです。



本当に、単純に「人」という生物が好きなんです。



だからいろんな人に出会いたいと思うし、いろんな人と話をしたいと思うし、いろんな人の考え方を知りたいと思います。



今回、のぶさんの本を通して、私もいろんな人と出会い、その人たちを知ることができました。



それが本当に嬉しくて、読んでいて楽しかったです。



実は、私は今就職のことですごく悩んでいます。







現在3回生で、もうすぐ就職活動が始まるのですが、わたしはもともと大学院に進むつもりでした。







しかし、学年が高くなるにつれて、自分の好きな研究(心理学です)ができるようになったんですが、あまり楽しくないんです。







なので、今からでも就職に切り替えようかな、と思うようになりました。







それで、のぶさんの本を読み直したんですが、本の中でのぶさんがいろんな人と出会っているのを見るとすごくいいな、と思います。







やっぱり私は、人と接することが好きだし、人を知りたいし、人の話を聞きたい、と思います。







そして、そんないろんな人たちの話を他の人たちに知ってもらいたいし、自分も話したいと思っています。



こういったことを含めて、よければのぶさんのお話も聞きたいし、相談にのっていただきたいのですが、いかがですか?















秋子の同級生  M/M子さんより



皆様にはお揃いで新しい年をお迎えのことと存じます。



過日はたっぷり書かれたひとり旅のご本お送りいただき有難うございました。



子供の頃アルプスの少女ハイジへ憧れスイスへ行きたいなと思っていましたが、夢が叶い50代で始めてヨーロッパに行く事ができ、その時は感動と同時に疲れがひどくもう駄目かと思いつつもその後



満足していましたが、この本を読ませて頂いてから行けばもう少し視野を広げて満足度も違った事だろうと思いました。



同世代の方とは思えぬ、向上心と細かい観察力、文学青年でありながら政治も見据えられ、音楽にも・・・



日々平凡な田舎暮らしにどっぷりつかっている私には、大勢の方々との出会いが随所にみられ羨ましい限りです。



若い人々との出会いも若さを保たれている秘訣かなとも思います。



八月や命をかけし五年生



旅の間もあの頃を思い感謝されているのが伝わり今一度私にも



思い起させて頂きました。



ともあれ感銘と同時によき家族があり、健康に恵まれすばらしい人生を歩んでいられる幸せな宮崎様に本当におめでとうと申しあげます。



お目にかかったことは御座いませんがやさしそうなお写真でホット致しました。



寒さ厳しい折柄どうぞお身に気を付けられ、お過ごしくださいませ。



パリゼンヌに混じりて歩むシャンゼリゼ



気付けば夫と腕くみあいて







ボンジュール云ってみたくてまっ先に



ホテルのメイドとあいさつ交わす







鈴吊りし牛の幾群れ悠然と



草食み遊ぶアルプスの牧場







昔の短歌ですが、その時の気持ちです



お恥ずかしいですが、感想としてお読みくださいませ







宮崎信敏様

[PR]

by akinishi1122 | 2015-03-23 16:53 | 旅行 | Comments(0)

本への感想の御便り

2015年1月6日



延岡市  中学同級生  T・Y子さんより



お正月もあっと言う間に過ぎたような  今日はもう六日となってしまいました。お変わりございませんでしょうか。



先日は「73歳の6大陸ひとり旅3ヶ月」のご本私にまでお送りくださいましてありがとうございました。去年にも送っていただきましたのに申し訳なく思っております。



宮崎さんの探究心旺盛な未知の国々をめぐられる



お気持ちにはすごく感動いたしております。



私は海外には行ったことはないのですが、よくテレビで列車の旅とか風景が好きでよく見ます。



主人が退職してから北海道から鹿児島までそこそこに見てまわりました。今は娘が時々つれていってくれます。



天草には姉がいますので、年に2回ぐらい帰ります。やっぱり故郷はいいなと思います。



宮崎さんの年間の色々なこと行われている事を年賀状で知り、やっぱりすごいと思います。私もすごい事ございませんが元気に明るくまだまだ家事をやりながら、楽しんで行きます。



寒さまだまだ続きそうですが、風邪などひかれませんように



お過ごしください。



字が下手で、文が下手でお恥ずかしいです



この度は本当に有難うございました。   Y子















東京のM化粧品会社社長  E・K氏さんより







寒さ厳しい折ですが、お変わりないことと存じます。



さて先日は「73歳の6大陸ひとり旅3ヶ月をご恵送くださりありがとうございました。



各大陸の人々の暮らしをのぞけるようで興味深く、一気に読み終えた所です。一人旅の不自由さ、ハラハラ感が伝わってきますし、無銭乗車やタクシーでだまされた等の失敗談も面白い(失礼!)



今後もますます健康でお過ごしください。



とり急ぎお礼まで。     敬具







2015年1月15日











神戸歯科医師百歳の会員 E・K先生より  90歳







寒中お見舞い申しあげます。「73歳の6大陸ひとり旅3ヶ月」の著書興味深く読ませて頂きました。



お元気でご活躍敬服します。寒さ厳しい折ご自愛下さい。私90歳、腰痛でゴルフは不調ですが、元気でいろいろ動いているのに感謝しています。



お礼が遅くなり申し訳ありません



1月21日。







宮崎信敏 様



お元気でしょうか。こちらは昨日苓北町議選が終り、60年前から続いていた議席でしたが4年前に失くしていたのを無事克服しました。



4年前大阪から帰郷していた女性の石田みどりさんです。



「73歳の6大陸・・・」は本当に味わい深い本です。旅行先でのハプニングは実にスリリングですが、なにより経済や社会の現象を実に科学的に



分析されていること、特に弁証的なものの見方をされていることです。「フォイエルバッハ論」などを失礼ながら70歳を超えて学習されることに驚きました。



私など、このような古典は今とても読みつづけられないと思い込んでいました。世界各地の有りようを”科学的社会主義”の立場から分析的に見ると



非常に明確ですし、「自然の弁証法」などの助言にも成程、でした。寄稿させていただいた拙文では「科学的社会主義」とは書けず、「社会科学」と



あいまいにしていました。改めて上田さんの「古典講座」から初めて古典本そのものを読



ところで、「73歳の6大陸・・・」を差当たり、10冊ほど送っていただけないでしょうか。

[PR]

by akinishi1122 | 2015-03-23 16:43 | 旅行 | Comments(0)

本の感想の便り





























高校同級生故石井良一君の奥さんから」







庭のしだれ梅小鳥たち、残りの花々に戯れる日々大変、大変お礼が遅くなりました事、心からお詫び申しあげます。



二十一日、良一の一回忌になりました。二冊目のご本も頂き乍お礼が大変遅くなりなりました事心からお詫び申しあげます。



夫がどんなに喜び、感動し、直ぐにお便りや電話等をし、大学生の孫  偉いねー



 すごい方、バアチャンが読んだら僕に・・・本当に本当に感動いたしました。



心からお礼と感謝を申しあげます。



今日はほんの心ばかり、夫の想いとしてご笑味くだされば幸いに存じます。



どうぞいつまでもお元気で活動なさいます事お祈り致します。



今だ天草も冷たい風が日々続いています。



お身体ご自愛下さいませ。



ありがとうございました。



乱筆乱文お許しを



宮崎様           石井七百子



2015年3月9日











石井七百子







3月14日 K。S 前中小企業家全欧国協議会幹事長さんより







前略 早速本3冊お送り頂き有難うございます。70歳過ぎてから今も挑戦を続ける宮崎さんの精神力、行動力に敬服しています。



 東京大空襲のいくらかの催しに参加し、兄弟と診療所跡地をめぐり、父の74回忌を送りました。



 戦後70年ということで今年は又種々催がありますが、戦争体験者として、多くの人に訴え続けます。



山も海も旅行もあきらめ、投書に挑戦していますが、宮崎さんの本を読んで元気を貰い頑張ります。



御健勝にて  乱筆乱文  謝    不 一















神戸のNA子さんより   3月14日







宮崎信敏様へ



昨年11月3日 神戸アーバンランドでの憲法集会記念講演会の帰り道、たまたま勤労者山岳連盟の野津秋雄さんとこの春市会に立候補の朝倉えつ子さんと帰宅中お隣にいた宮崎さん、私の知らない方でした。



本日は奥様の結婚記念日・・・?だとか。



野津さんの紹介で、70歳でイギリスへ一人留学された事、聞いけば聞く程びっくりする事ばかり「本を送りますよ」・・・と言ってくださって・・・今3冊目「いやあ」・・・素晴らしい本であり、何とも可も「すごーい」・・・・もう感動です。楽しく読ませて頂きました。



世界中の人々に沢山の感動を与えていらっしゃる宮崎さん、ご家族の方々も皆さんなんて素晴らしいかた方々なんでしょう。



又いい機会があったらお会いして沢山沢山お話を聞きたいものです。



私は72歳ですが、4月末NTP再検討会議に行きます。英会話も勉強しましようと言う事になりました、



さて今回にはとても無理で役に立たないのですが、やっぱりNHK基礎英語、1、2をはじめましたぞ・・・  それがなかなか大変なのです。故に



宮崎さんの努力や、老好奇心・・・誠に尊敬・・・と云うわけでございます。今更と苦が笑いもしつつ頑張りますぞ・・・



文中野津さんの文章もありますね。親しみありです。宮崎さんの次なる冒険楽しみです。総じて持って愉快な本でした。



心からありがとうございました。







N・A



















睦み会俳人  廣畑 忠明さんより  3月16日



「俳句で歩く78歳の旅」



非常に楽しく一気に読ませて頂きました。



それは信敏さんの、しっかりした考え方と、信念のもとに、多くの行きずりの出会いの人々を介して、その国々を語らせているからである。



句会では、何時も笑わせたり非常に明るい信敏さんであるが、固い信念をもって誰とうでも、気安く声をかけ、語らせるのはさすがである。



歳をとっても世界を飛歩き、まるで国内旅行のように何不自由なく楽しんでおられる、自分では考えられなく、又羨望でもある。



今回はロシア、東欧、アイスランド等で、自分が知りたい国々であったので我が国とは違うシステム、考えさせられる面も多かった。



信敏さん、益々お元気で、また楽しい世界旅行を楽しんでください。



有難うございました。



2015年3月13日


[PR]

by akinishi1122 | 2015-03-17 15:43 | 旅行 | Comments(0)

今日の一句

3月15日



草餅や奈良の香も持ってくる 奈良県宇陀からの草餅が香とともに送られてきた



3月16日



傘寿とは他人のことか春衣  自分では80歳と意識が全くなく、春だから春らしい服を出して着る

[PR]

by akinishi1122 | 2015-03-17 15:35 | Comments(0)

今日の一句

Message body






3月7日



春の雨義母の狛犬廃屋に 新築祝いに義母がくれた石の狛犬が今日の冷たい雨の中、廃屋に置いてきたことを想い出す



3月8日



春の日や妻は孫の手借りて立ち  春の陽射しである、3年生の孫娘はもう慣れたてつきで妻に手を貸してくれる



3月9日



春色のプールパンツを買いにけり 毎日プールで着ているから、くたびれて、妻が買いかえるようにすすめるから、その気になって春色を買ったり



3月10日



花束を抱き所得税申告へ 今日の句会で出版祝いの花束を頂いた、その帰りに税務申告へ向かった



3月11日

丸々のカバンも顔も雪の中  今日は午後から雪で、丸々と着込み丸々の赤い顔をし孫が下校してきた


3月13日



プール終え石焼芋の旨さかな 電子レンジの芋と石焼芋の旨さの違いは何故だろう



3月14日



孫たちにギリチョコ返す夕餉かな  小学3年、中学1年の孫娘からバレンタインチョコレートもらっていたからの今日はお返しの日だ



[PR]

by akinishi1122 | 2015-03-12 14:28 | 俳句 | Comments(0)

本の感想の御便り







ブラジル サンパウロのジャーナリストの大浦智子さんより  3月7日







親愛なるノブさん
 昨日、二冊目の旅日記が届きました。ありがとうございます!
 前回よりも俳句がふんだんに盛り込まれ非常に面白く、もっと生き生きとした一冊にまとまっていますね。俳句のパワー、効果を感じさせられますし、日本人、日本語ができる人だからこその特権だなあと思います。
 ノブさんの文章は、本当に内から湧き出るはつらつとしたパワーを感じます。まさにお人柄です。モスクワで賊に小銭を盗まれたという話も、瞬間的なスコールが降ったようなエピソードのごとく、さらりと旅を続けられる感じが頼もしいです。個人的に東欧は関心の高い土地の一つでもあり、後ほどまた熟読させていただきます。
 裏面の杉原千畝さんへの俳句も名句ですね。ちょうど最近、イスラエルやユダヤ人に関する書籍を読んでいたところで杉原千畝の事については改めて興味深く思っていたところでした。異国で足跡を残し、外国人から忘れられない日本人とその人を偲ぶ日本人。5・7・5に凝縮してその心温まる思いが伝わってきます。
 日本は春の気配が訪れているかと思います。ブラジルにはない春色と春の味覚が懐かしいです。
 ノブさんもお元気で、傘寿に向けて歩み続けてください。
智子
【追伸】
友人の東京のエアコンサービスの井上弘様はお元気でしょうか? 昨年、井上様が送ってくれた本を日系団体に寄付した旨をメールで送りましたが、お返事もなく気にかかりました。お元気で過ごされていばよいのですが。







文学阪神のKさんより  3月7日



 坂口さん お元気ですか? 







 ベトナムのランタン祭りは宮本さんも行かれましたが私は残念ながら行けずじまいです。







 8日は国際女性ディーのイベントがあって例会は欠席です。でも場所は勤労会館4階の第8会議室です。



12時~準備するので、もしかしたらお会いできるかもしれませんね。







俳句は説明はなくてもよくわかります。



様々な人々の動き、流れる季節や風景、マンションのくらしと以前の暮らした山のお家への郷愁など



たくさん、たくさん楽しませていただいています。







父上の形見の刀が山のお家におかれたままという事。すごいですね。



寒さをものともされないお人柄でいらっしゃったのでしょね。艱難辛苦の時代が偲ばれます。



 



 私は団地暮らしで13階に住んでいます。お隣はポメラニアン犬がいるのでたまに話しますが、余計なことは



おっしゃらず淡白な関係です。もう33年在住ですが世間話をする人は少ないです。



時代と共に人の人情も希薄になっていきますね。







主の居ぬ庭より水仙一抱え  家主がいなくても咲いてくれる花の方がよっぽど心ある生き物です。







留守の庭3分咲き梅一人見る 暖かさが匂ってくる春先の光景、哲学的ですね







 また、お便りくださいね。では奥様ともどもご自愛くださいませ。    久保











中小企業家同友会国協議会副会長 Kさんより  2015年3月6日







拝啓 益々のご活躍に敬意を表します。



このたびは御書二冊ご送付いただきイカの有難う御座います。すごいですね、世界欧者中を回っておられる。まだ読み始めたばかりですが、アフリカの大自然、野生動物の描写がとても楽しく目の前に浮んできます。



私もまだ71歳。世界に見聞を広げる元気を持ち続けたいものです。



またお会いできますことを。



敬具







 



 







山口県中小企業家同友会前代表理事  M氏より







日増しに暖かくなってきました。



本日は冊子を送って頂きありがとう御座います。若いね・・・



ロシア語も話せますか。私も旅は好きですが一人旅は少し・・・。若さの秘訣ですね。



楽しみに読ませて頂きます。   M







2015年3月6日























2月ヴェトナム旅行で一緒だった I T さんより







ヴェトナムでお会いできて本を送るって下さり、とても幸福です。すっかり春です!



本のお礼がおそくなって、3冊を毎日少しずつ楽しく読ませていただいてきました。皆さんに大変な思いをして行かなくても読ませて頂いたので行った気分になっていいのではないかと思ってしまいました。



私など皆さんについて歩くだけで必死でメモなどせず、宮崎さんは詳しく、文化、有名人、歴史、地質など一人で調べ、日記にまとめられています。俳句もそして人との接しかたで話題を変えて難を逃れ。それらしい女性には逃げられる機敏に凄さを感じ、また隠さず失敗も書かれています。



私など、旅をしなくっても多いです。



最後に73歳の3ヶ月を読ませて頂いて、笑顔の写真がないなーと思っていたらこの本で笑顔があったので、精神的に笑顔のでる旅だだったのかなあと変なかんぐりをしたり、



それとこの秋にセンターツーリストの案内で「マチュピチュユ」があり行きたいなーと思っています。



酸素スプレーの用意とあり、宮崎さんの日記にも書かれていたし、帽子なしで登れるた体力もありませんし、いろいろ聞いて決めようと思っています。



ある程度はチャレンジしないと元気もでないし楽しくありませんよね。



また楽しい事・本の続編がありましたら、頂だきたいです。



ありがとうございました。







2015年3月7日















随筆集団「飛翔」同人 熊本同友会 ご夫妻から



3月9日







宮崎様



 73歳と78歳御著書、お送りいただきありがとうございました。一気に読みました。宮崎さんと一緒に旅をしている感じで、一緒になってハラハラドキドキしたり喜んだり不満だったり、良い気分に浸ったりしながら読ませていただきました。それにしても宮崎さんはすごい!感銘を受けています。これからもどうぞ良い旅続けてください。私たちの大いなる目標です。



                                   飛翔同人 S I  



 ご恵送賜りました御著書「俳句で歩く78歳の旅」と「73歳の6大陸ひとり旅3ヶ月」の2冊、全編大変な感動に浸りながら拝読させていただきました。世代的にも近い79歳の私自身の来し方や、社会体験等と重ね合わせながら、宮崎さんの破天荒なまでの行動力と、それを誘導してくる好奇心の旺盛さに熱く感嘆させられました。私も健康に留意しながら、より積極的な探求心に学んで、余生を楽しんで参ります。本当にありがとうございました。共にがんばりましょう。



                                   飛翔同人 熊本同友会  I Y











元O郵便局長 高校同期生  より







今日は啓蟄外は小雨模様靄やっております。



ロシヤ・東欧・アイスランド78歳の旅ご恵送有難うございました。80歳にしてこの活躍恐れ入ります。長いこと田舎で生活していると、すっかり80翁さんです。今回の後半は横文字が多く時間がかかりました。頑張ってください



T Y







3月11日



昨夜、一週間ぶりに天草の家に帰ってきました。3月5日付で御本が届いていました。



丁重なお手紙まで頂きました。本当にお言葉に甘えて良いのかどうか、恐縮しています。



天草市議選は昨年ありましたので、熊本市の選挙に泊まり込みで駆り出されています。



熊本市は政令市になって初めての選挙で、県議2人、市議5人が区毎に立っていますので



選対が手薄で天草から3人が入っているわけです。県議の新人候補の1人は、五和・御領出身の



益田牧子(熊本市議6期)さんです。



 ベトナム戦争の不条理に目覚めたことでしたので、ベトナム戦争が終って



2年半後にホーチミン近辺を、そして10年ほど前に娘とハノイを訪ねたことがあり、特別の愛着を



抱いています。



熊本市のみなさんたちにも機会あるごとに、宮崎様の4冊の著書のことを話しています。興味を示して



くれる人が結構います。



宮崎様のお言葉に甘えてしまいますが、本当にありがとうございます。



私も4月中旬まで熊本市での生活が続きますが上り坂の勢いに乗ってなんとか勝てるように頑張っていきます。



寒さがぶり返しています。くれぐれもお体大切にお過ごしください。



とり急ぎ、お礼まで・・



          K N



宮崎信敏様

[PR]

by akinishi1122 | 2015-03-12 14:23 | 旅行 | Comments(0)