<   2013年 03月 ( 48 )   > この月の画像一覧

ケンブリッジ留学

ケンブリッジ留学 2005年7月19日(9)(火)ルーマニヤ人来る

段々学校も馴れてきた。僕の名前をNobutoshiと完全に呼んでくれるのだが、僕はいちいちノートの上にその人の名前を書くのだが、似たような名前だから、僕は相手の名前をまだ呼ぶまでに時間がない。
昼に日本人らしい婦人がいたから、聞いたら主人が裁判官でケンブリッジの大学制度を調べるために来ているから、1か月だけここで英語を習うつもりでいる。と言っていられる。ここの次はロンドンの大学に6ヶ月の帖佐だから多分そこでも語学学校にはいるつもりだ、とのことだ。まだ30歳そこそこだから、主人も判事補ぐらいかもしれない。いま埼玉地裁にいるが、3年ぐらいで転勤になるらしい。
午後からバス路線の反対行に乗ってみた。終点まで行き、大きなスーパーだったから、ここでワインを買った。8,5£どんな味かわわからないが、瓶の形が面白かったので買ってみた。もうすぐオールドパが切れかかっているからだ。
ここのバス停で日本人夫妻にあった。スーパーでいっぱい買い物されていたが、九州大学のバイオテクノロジーの助手で、3年ンンおケンブリッジ留学らしい。3年後は助教授になるらしい。奥さんがよくしゃべる人で、30をちょっとすぎたぐらいだ。昨日ついたばかりだそうで、明日から大学だとゆう。僕のクラスメートにモーリタニヤのバイオの教授がいるから、よかったら紹介しますよ。と言ったら、是非お願いしたいが、まだ名刺も創っていないから、あとで電話を知らせるとのことだ。
今日の授業は作文んで、「自分の街について」であったので、家に帰ってから、早速10年前地震があり、家が全壊したが、幸いにも家族も全員無事だったこと、近所では死者や火災があり、兵庫県で6000人が亡くなったこと、だがよく復興している。西宮の人工口は40万で、全国では有名な高校野球大会が毎年行われているから、全国民が知っている。日本の高等学校4200校が参加しその勝ぬいた代表が試合をするから、若者のイベントとなっている。
その大会に兵庫県の代表で僕の息子の出身高校が3回も優勝したことがあるから、僕も熱心なファンである。などを2ページほど書いた。
この作文で「これでNobutoshiも立派にイギリス人になれた」。と先生が褒めてくれ、大笑いしていた。
こんな完全の作文であれば、下宿で教えてもらったことが、完全ににバレてしまうから、文章をどう書きなおすかをく工夫しなければならない羽目になった。
今日から、ラルーマニヤ人の男性で家事手伝いさんが来た。22歳の青年だ。自分のホームページを観させ
てくれ、紹介をしてくれた。家族の写真と日本の空手をやっている写真、道場での仲間の写真など。Ms Leslyのパソコンから取り出してくれた。日本式の柔道着を着ている。「日本人の師範がいるのか?」と聞いたら、ルーマニヤ人だけでやっているらしい。
飛び蹴りなど高々と足を上げているから、相当の腕前のようだ、背丈は僕より少し高いグライデガッチリした均整のとれたは体をしている。
明日から、部屋の掃除や庭の手入れ、それに料理なども、
Ms ぇslyの補助でしてくれるらしい。
MRCのホームページに僕の送信欄でみたら、侵入者がどんどん毎日出ている「出逢い系サイト」で侵入だから、これは見る人達が不快感になるだろうから、早く禁止せねばならない。明日顕にメールで対策を練ってもらわねば誤解されてしまう可能性があるから、困ったことをするヤツがいるものだ。

Ms Resly
b0150946_18533971.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-03-31 18:44 | 旅行 | Comments(0)

今日の一句

懐の子犬と一緒の花見かな  さすが休日の夙川公園は人の波、どこから来たの0だろう
b0150946_12944.jpg

b0150946_12101657.jpg

b0150946_12112073.jpg

b0150946_1212207.jpg

b0150946_12132244.jpg
b0150946_12142076.jpg

b0150946_12151933.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-03-31 12:04 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

水虫を労わりもする春となり  水虫と共生して50年懐かしくもなる毎日に9なる
[PR]

by akinishi1122 | 2013-03-30 12:41 | 俳句 | Comments(0)

2005年ケンブリッジ留学(8)

    2005年7月18日 ケンブリッジ留学(8)
朝のバスに学校の女性の事務員さんが一緒になった。香港出身で9カ月ここにいるらしい。ニューヨークで勉強しそこに10年いたとゆう。ここは主人がケンブリッジ大学で研究に来ているから、それが終わったらまたニューヨヨークに帰るとゆう。学者らしい。コンピューターのレンタルはないものか、と聞いたら1年単位でないとダメらしい。家が近くだからよかったら教えてあげるから来なさい。といってくれたが、そこまで世話を掛けられないから、学校でまた聞こうと思う。
幸いに昼食時に日本人女性がいたから、聞いたら今日はコンピューターが故障で使えないが明日だったら教えてあげる、と言ってくれた。
第1回目のテストが返され、50問中37だったので少し失望だった。隣りの中国人女性の雀鳴さんは50問中47点で最高点だった。だが会話はあまりできないでいるのだが、学校での読み書きができるのだから、本人もそのことを言っていた。彼女とは話が通じなかったら、漢字を書いたら解ってくれる。中国では自分の部下は60人いるとゆうから相当のエリートであるようだ。
作文が自分の家族についてだった。僕の場合は家族の仕事まで書いたら、なかなかいいとの評だった。僕は仕事の内容まで書いたのがよかったらしい。向いの席と交換してその家族を知ることの学習である。
僕の相手はモーリタニヤの黒人女性で美人だ。28歳でサリーをいつも着て独身。妹は結婚しているとゆう。自分は経済学位をもっていて、degreeと書いているが日常はどんな仕事をしているかわ書いてないから、役所の高級官僚かもしれない。
大学教授のファテマテさんの話だと、モーリタニヤは人口3000万人で、そのうち1000万の都市に自分の大学はある、その郊外に住んでいるとゆう。地図でみると、エジプトやモロッコの隣の国だ。海岸は少なく、奥が深い。ただ1年に60mmしか雨が降らないとゆう。だから水は宝だね、と言った。それだから、地下資源が豊富で、重たい鉄といっているから、おそらく鉛だろうが、これが主な産業だとゆう。だからゼメラとゆう女性は地質学者であるから、国が重要な仕事をしている人を育てているのだろう。サリーを着ているが、土地の現場では°どんな服を着ているのだろうか。
先日も僕がモスクに入ったら、女性が一人もいないのは何故だと聞いてみた。すると女性だけは別らしい。何故男女別別か、と聞いたらしイスラム教は別々に礼拝することになっているとゆう。
サリーは良い感じだね、と言ったら、みんな日本製だと言って、maid in Japanとゆう表示を見せたくれる。日本人が何故サリーのデザインの柄がわかるのだろうか。イスラムの教えで日本に教えるものはないか、と聞いたら日本にはなんでもあるから、こちらこそ日本の文化をもっと知りたいとゆう。
午後の授業が終わり、市内観光を募集していたので、参加したら10人だった。僕のクラス以外でアラビックの女性がいて、Nobutoshiと2人の知らない女性が声をかけてくれる。何故知っているのだろうか。やはり高齢者だから話題になっているのかもしれない。この学校では僕が最高齢だから目立つのだろう。
この日記をコピーし、日本へ第3便として送っておいた。また金銭出納僕もコピーしておいたので、イギリスの生活ぶりが理解しやすいだろうと思う。
第1便を13日にだしておいたが、今日の電話ではまだついていないらしい。
薫からの電話は観光バスの中で受けた。バスの案内はヘッドホーンだったから、他の人にも迷惑にならないで話せる。パソコンはやはり送ってほしいといっておいたが、修理してからだと間に合わないかもしれない。
僕の髭剃りのコードは、探しても見つからないと言ったら、入れたのは間違いないから、もっと丁寧に探すように言われた。こんな電話で電池が切れそうだから、今後要領よく話さねば高くつくかもしれない
下宿の中国人の李意君は、英語だけでなく、会計、経済、科学なども勉強しCamblige大学まで進むらしい。6か月もやっているから、英語はぺらぺらである。若いとゆうことと、熱心さが違う。この家は生徒は4人で中国人とロシヤ人らしい。そんなに大学を目指すのだったら、中国では良い成績だったのだろう?と聞いたら、そうだ!と自信にみちている。ロシヤ人のステファンも大体同じ勉強の仕方だ。中国人とケベック人で4人とゆう集中教育をしている学校が多いようだ。
Cambligi大学は800年の歴史をみもッテいて、イギリスばかりではなく世界中から学びにきているらしい。
市内の巡回バスは英語だけのヘッドホンだがら点々としか解らないが、そんなことを話しているようだ。
シャワー室に「はいったら、カーテンが落ちてきたので、ステファンは背が高いので手伝ってもらったが元通りにできなかったからleslyに来てもらって復旧してもらったら、よくあることだからかまわない。と言ってくれた。
夜お金の単位を並べて教えってもらったが、たくさんの単位があるものだ。50£、10£、5£が紙幣、その下が小さくて重い硬貨は1£、0,5£、その下もある。日本の1円に相当するぐらいで、何にも使えないようだ。大体僕が使っているのは自分で判断して支払うのは1£までである 


b0150946_12311481.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-03-29 19:01 | 旅行 | Comments(0)

今日の一句

花見客を出し抜きての桜かな  今年の桜は1週刊早くきたので花見客もちらほらだ夙川公園 
b0150946_10503729.jpg
b0150946_10525676.jpg

b0150946_10551283.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-03-29 10:48 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

新緑や違憲判決今日もまた  Ⅰ票の格差裁判で憲法違反の判決が今日も各地で出され全ての判決が憲法違反とゆう流ができて裁判所の良識を示してくれた

(2012年9月2日現在)

位多い選挙区人数位少ない選挙区人数
1神奈川県選挙区
1,227,8961鳥取県選挙区
241,481
2大阪府選挙区
1,188,3712島根県選挙区
294,037
3北海道選挙区
1,147,0713高知県選挙区
316,870
4兵庫県選挙区
1,138,8294福井県選挙区
325,996
5東京都選挙区
1,076,7635徳島県選挙区
326,800

[PR]

by akinishi1122 | 2013-03-28 10:40 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

選抜や父の母校の甲子園 父が明治時代に卒業した熊本の濟々黌が甲子園にでた、大応援団の声援で強豪の常総学園を完封うで勝つ。応援に行った

b0150946_8301841.jpg
b0150946_8311073.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-03-27 08:31 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

春きざし選挙無効の判決文  先の総選挙の1票の格差拡大は無効との判決文が出た
b0150946_11311040.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-03-26 11:31 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

シャブサヤブで5年生生を卒業す  11歳の誕生日と5年生の卒業祝いにシャブシャブの家族祝賀をした
b0150946_1014958.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-03-25 09:54 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

話し声聞こえたごとく土筆くる  奈良の田舎より「もうそろそろかな」と言ってたら、土筆と蕗のトウがおくられてきた

b0150946_1133464.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-03-24 11:33 | 俳句 | Comments(0)