<   2013年 02月 ( 65 )   > この月の画像一覧

70歳の語学留学 ケンブリッジ(5)

(5)ケンブリッジ語学留学 2005年7月14日(5)
学校に行ったら事務の人がメモを持ってきて、昨日7時30分まで帰宅しなかったので、ホストファミリーから心配して電話があったとのことだ。「どうしていたの」と言うので、「ロンドンからの帰りで遅くなった」と説明したら、学校も安心したようだが、やはり帰宅が遅くなれば電話を入れるのが当たり前であるのは、イギリスであろうと同じであることを気付かなかった。
日本を発つ前に家でも言われていたのに、忘れてしまっている。こちらの日没が10時頃で、まだ明るいから昼のような気分でいたのだった。夕食の用意をしてくれてる人の身に考えが及ばなかったのだ。
家を出る前に薬をスーツケースに入れているから出そうとしたが、鍵がどうしても見つからない。ウエストポーチに確かに入れたはずだし、鎖につないだはずだが、そのうちに見つかるだろうと家を出た。すると30mぐらい歩いたところに僕の鍵が落ちているではないか。丸一日落ちた、いや2日かもしれないのに、ちゃんとあった。ここは5~6軒の中庭になっていて人通がそんなに多くないからよかったのだ。繋ぐ紐がほどけていたからすっぽり抜けたのだった。小銭入れにくくっていたのだが、こんなことは滅多に起こらないのだが、起こるものだなあ、とやはり何かが違った気分にさせているのであろう。しかも最重要な鍵をである。起こるはずがないのに起こるというのは、やはり特殊の緊張がさせているのであろう。
今朝は台所を探したら一つだけ昨日開いていなかった棚が真上にあり、それを開いたら7種類の朝食用のコーンがあるではないか。やはり説明を聞いた時の英語を十分聞きとれなかったのである。自分のリスニングの力が不足しているためである。「なんで朝食が無いのだ、朝起きて準備するのが当たり前ではないのか」などとミッセルに不満を持ちかけていたのだが、自分の語学力のせいだと、大方の不満というものは自分のせいや文化の違いからの誤解であるようだ。このことを前提にして先ず腹をたてることは戒めねばなるまい。でなければ自分が住みにくくなる可能性があるだろう。文化の違いなどで腹を立てたらこの国にいられなくなる。異文化に接するのが目的の一つなのに、やはり現実に直面すると、日本の価値観がまず出てくるものだ。そして感情になる。これはいけないことだ。
だから相手と違うことを認めるということを先日太田先生の講演で学んだはずなのに忘れている。
昨日午後の授業を欠席したから、朝バスの中でと、駅のベンチとでプリントを書き込む。どうも家の中では勉強をやらない習慣だから、外の方がいい。バスで30分、ベンチで20分の方が僕の性格にあっているから、早く家を出てこの方法でやりたいと思う。大体勉強といい、本を読むといい、僕のやり方は電車の中がいままで圧倒的だった。どうも、机に座った勉強というのは、いかにも「勉強」という方に力が入るからである。だから僕の本を読むのは今でも電車が多いしそのほうが他の用事から隔離されるからはかどる。
机に座ると、すぐ色々なことを思いだし、わき道にそれてしまう。家の机だと材料が多すぎるからであろう。
昨日の授業の中で、僕の早起きが話題になったが、「あなたはどうみても60歳ぐらいにしか見えない、自分の父が74歳だが、それと比較すると、とても70歳には思えない」ということだ。若く見えるというより、色々動いて行動的だという。そういわれればそうかもしれないが、僕自身が、年齢で人と比較したことがないかもしれない。Nobutoshiという呼びかけで先生やクラスメートが呼ぶから、覚えにくい名前と思っていたら、他のクラスの生徒がNobutoshi!と呼んでくれるから、そうでもないようだ。他の国の生徒のカタカナ語は覚えられないでいるのに、感心しているし、嬉しいものだ。僕も彼らの名前を覚えなければ、悪いなと責任を感じてきている。明日からノートしておこう。
モーリタニヤの50位の女性は大学で生物学の教授をしているという。フランスの大学を出ているというから、道理で英語の理解が早いのだ。やはりスペルや文法などは僕と違って基礎があるもんだ。48歳というが、僕には55歳以上ではないかと見える。毎日サリーを変えて着て他の生徒より地味なデザインだ。
2ヶ月英語を僕らと勉強するというかが、大学は大丈夫なのだろうか。研究もあるだろうに。
また隣に女性の生徒がやはりモーリタニヤだが子供が4人いるという。一番小さい子が7ヶ月というのに2ヶ月も勉強に来ている。よくもまあ来れたものだ、と聞いたら、「主人が面倒見がいいから」と当たり前みたいに言うのだから、驚いた。彼女もフランスの大学をでてフランスに長くいたことがあるらしい。フランスの植民地だったからだろう。
今日は一日眠くてしようがない。先生が「Nobutoshi、目をあけて!」と一回言ったから眠りかけていたのだろう。昨日は沢山寝たつもりだったが、午後の授業で、もう目を開いているのがしんどかった。早く帰って寝たい気持ちだった。
この旅日記を学校でコピーして、もらったら15枚になり、200円ぐらい払った。電話よりこの日記だったら、日常がよく解るだろう。
20日は娘の誕生日だから誕生カードを別便で送っておいた。一週間先だから今日送れば丁度着くだろうから。
英語ばかりの生活だから、不思議に英語をつぶやくようになるものだ。解る解らないは別として、英語で話さねばならない必然性というのが一番よいというのが体でつたわってくる。そしてなんとか用足ができてくるものだ。
帰りのバスの中で、僕と同じぐらいかと思える婦人に僕の住所を言って、ここに行く、と言ったら、「何をしにきているのか」と聞くから、「英語を学ぶ生徒だ」と言ったら、えらいね!と言ってくれた。64歳だという。白髪で顔は皺が一杯だった。彼女が運転手に僕の下車バス停を告げて、この人を下ろしてやってくれ、と言って先に降りていった。やはり人に聞くものだ。ここのバス停には名前が無く番号だけあって、次に下車する時にボタンを押すことになっているから、よほど注意しておかねばならない。だけど大方今日で近くの風景がわかるようになった。
夜の夕食は鶏肉に骨つきのかたまり、2個とポテトをマヨネーズでまぶしたもの。ポテトは小さく一口で2個ぐらい口に入るくらいの大きさである。それが大変美味しいのだ。それに野菜サラダ。
これを頂いてすぐベットに入る。多分8時頃である。眠くて眠くてたまらないから、食事前にロシヤのステハンと五目並べをした。彼は五目並べを知るっていた。ここの息子にノートに書いて教えてやった。
早速息子のトシュとステハンは対戦している。
ステハンにロシヤ語の原語で「カチユーシャ」と「一週間」それに「モスクワ郊外の夕べ」を歌ってきかせたら、褒めてくれた。おそらく大分発音は間違っていると思うが、彼と一緒にいるあいだに発音など訂正してもらえばありがたい。


ロンドンの地下鉄爆破事故の見舞いの花
b0150946_17353341.jpg

b0150946_20514083.jpg

b0150946_20535262.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-02-28 17:33 | 旅行 | Comments(0)

甲山森林公園

b0150946_1725867.jpg
b0150946_1735749.jpg
b0150946_1745157.jpg

b0150946_17103886.jpg
b0150946_1711293.jpg
b0150946_17124688.jpg
b0150946_17134927.jpg
b0150946_171544.jpg
b0150946_1716228.jpg
b0150946_17172971.jpg
b0150946_1718535.jpg
b0150946_17195912.jpg
b0150946_1721155.jpg
b0150946_17224175.jpg
b0150946_1724146.jpg
b0150946_1727434.jpg
b0150946_17282773.jpg
b0150946_17293099.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-02-28 17:04 | | Comments(0)

今日の一句

二人とも会社を継ぎて春になる  二人の娘、息子が会社を継いでくれ46年の創立記念日を迎える
[PR]

by akinishi1122 | 2013-02-28 10:41 | 俳句 | Comments(0)

70歳の語学留学 ケンブリッジ(4)

(4)2005年7月13日(水)午後からロンドンへ
朝早く家を出るために食事をとろうとしたがミッセルは起きてこないし、食事を探していたが、何もない。コーンフレークなどがあるはずなのだが、「朝は好きなように食べなさい」と言っていたのに、何もないではないか。あるのはフルーツだけだ。冷蔵庫を見ても何も無い。だから牛乳だけ飲んで出ることにした。他の生徒はどうするのだろう。一人で出掛けるのだから7時に出たら、迷ってもなんとかなるだろう。隣の人にケンブリッジ駅はどこだろうと聞いて、このバスで間違い無いこと、2回ほど聞かねば不安だった。だがもうこれで一人で通学できる自信がついた。
駅のコンビニに入ったら寿司があるから昼食用に、それにフルーツセット、水など買った。これで5、5ポンドだった。これで大方毎日の要領がつかめた。
お金の札はわかるがコインが4種類の釣銭でたまったのが、どれが高いのやらサッパリ解らない。コンビニでもコインを全部出して、その中から店員にとってもらった。だがこれもいつまでも続けられないから、早く覚えねばなるまい。1ポンドは200円相当だという。
教室には、昨日午後休んでいた中国女性も来ている。息子がいてこちらの学校にいるという。18歳の青年というが、この婦人は2ヶ月の勉強らしい。仕事を持っているのに英語が必要なのはなぜだろう。
日本から土産に持ってきた扇子を全員と先生にプレゼントした。日本では、家で100円均一の店で買ってきてくれていたので助かる。僕も初めて開いてみたがなかなか良い仕上げである。だからみんな喜んで早速使ってくれている。隣の夫人はよく英語わかるようだが、主人がフランスにいて、フランス語が出来るから、英語も理解が早いのだろう。
サリーを着ている婦人は6人で、全てモーリタニヤだという。だいたいアラビックは金持ちが多いということだ。石油の産地だからである。*
授業で毎日の生活を質問された中で、僕の番になったら、「4時に起きて日記を書き、百歳の会員にメールを毎日送信している、」と言ったら先生もびっくりしていた。日記を書いている人は居ないようだ。「奥さんに見られたら困るのではないか?」と質問がでた。だから「多分妻は見ないだろう、人の日記を読んでもあまり良い感じをするものでないから」と言っておいた。だが「信じられない!」とわいわい喋っている。彼女らは人に見られると困るから書かないとということらしい。女先生もそんな意見だった。それにしても、毎日百歳の会通信をだすというのは驚きだという。写真を送信するというが、会員はどんな人なのか、またその中に女性は何人いるのか。外人も入れるのか、など聞かれた。外国人が入れるかとの質問は新しい考えとして面白い。
ぜひ門戸を広げたいものだ。日本の中小企業家が中心だが世界に広めてもいいなと気付く。この質問はモーリタニヤの生物の女性教授だった。
昼食用の寿司を買ったのはいいが、食べてみると、米がブツブツで寿司とは外見だけである。サーモンと巻きの中に魚が入っているが、こんなのが寿司といえるか。これを外人が初めて寿司と思い食べたとしたら、おおきな誤解を与えることになるから、店に出して欲しくない、少々腹がたつ。外見ばかりの寿司である。これには日本人は関与していないだろう。見様見真似でどこかの工場で作っているのだろう。
今は真夏だからでもあるのだろうが、若い女性が肌着だけで、腰と上との間にヘソを出して、胸のおっぱいがいまにも見えそうで、半分ぐらい出して歩いている。なかなか魅力的だが、若者の90%はこれである。ロンドンもケンブリッジもそうだ。だが50歳ぐらいの婦人がこんなんで歩いているのに出会ったら、いただけないものだ。しかも黒人ときたらもっと凄い。黒人も結構多いが、口紅を赤くひいているのに、赤がめだたないのにやはり赤の口紅がいいらしい。黒人女性でクラスに20代の女性がいるが、いつもガムを噛みながらの授業をうけている。目が大きくぱっちりとして美人だ。歯が真白くて美しい。黒人の二人とも綺麗。
女性たちはサリーを毎日着替えてくるが、柄だけ変わって形は同である。暑くないのだろうかと思うのだが、頭から腕、足先まですっぽりと着ているが、その上から、僕がプレゼントした扇子を使っている。
今日ロンドンの留学事務所に行きメールや電話のかけかたを習った。これで日本との交信も出来るし家も安心してくれると思う。

ケンブリジ大学
b0150946_1034828.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-02-28 10:28 | 旅行 | Comments(0)

今日の一句

梅蕾開花を待つまに伐採れけり   聳える品種の梅に今年は蕾がいっぱいでている。だが手入れする吾の体力では収穫がおぼつかなくて伸びている枝を蕾のついたまま伐採した。 
[PR]

by akinishi1122 | 2013-02-27 19:39 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句 

漱石や若さの春にKがいて  「こヽろ」は若者の青春の苦悩 を代弁してくれている。恋をする青年にはどこにもKがいる。

b0150946_102471.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-02-26 09:59 | 俳句 | Comments(0)

甲山森林公園

b0150946_16194856.jpg
b0150946_16205781.jpg
b0150946_1622153.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-02-25 16:22 | | Comments(0)

今日の一句 

アメリカの退役軍人死ぬ冬日  シカコ大学のノーマ・フィールド教授の講演を聴いた、アメリカではイラク派兵の退役軍人が毎日22人自殺しているとゆう

b0150946_1011191.jpg
b0150946_1012792.jpg
b0150946_10133430.jpg

b0150946_1015121.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-02-25 10:13 | 俳句 | Comments(0)

佐渡ガ島

b0150946_10222872.jpg
b0150946_10225862.jpg
b0150946_10231874.jpg
b0150946_10234871.jpg
b0150946_1024216.jpg
b0150946_10244377.jpg
b0150946_10244917.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-02-24 10:25 | | Comments(0)

今日の一句 

憧れのキンカン植えて秋を待つ  子どもの頃植えてあったキンカンを60年ぶりに庭に植えて育てて食べる楽しみにしたい
b0150946_10134941.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2013-02-24 09:58 | 俳句 | Comments(0)