<   2011年 12月 ( 54 )   > この月の画像一覧

社内報より


       人生山道のごとし
誰でも楽な人生を送るのが夢ですが、私たちが楽しかったり喜んだりするのはどんな時なのでしょうね。美しい山は最近、道路が整備されて、車や列車、それにロープウェーなどができていて、絶景を眺めることが簡単にできることが多くなりました。
でも自分の足で歩き汗を出して時間をかけて頂上にたどり着いたときの感激というものはまた格別ですね。
山を登るときは苦しいので、来るのじゃなかった、なんでこんなところに来たのだろう。などと途中の苦しさから思うことがときどきあるものです。
 ところが、頂上にたどりついた瞬間にそのことを全て忘れてしまうのですから不思議なものです。
「人生は山登りのごとし」と言う言葉はニュージランドの登山家のヒラリーと言う人のことばですが、人の一生とよく似たのが登山であるようです。
山では大きな頂上への目標までには30分おきぐらいに休憩し、お茶を飲んだり、服装を整えたりします。その何回かの休憩にその山の風景に感激したり。、息をおもいっきり吸い込んで、もう一息だと思ったりよくもここまで自分が辿り着けたものだ。などと自分の力に自信と誇りを感じたりするものです。
そして途中の危険な箇所をよく判断して危険を幾度か乗り越えてきたものです。
また山では道に迷うこともしばしばです。景色に見とれて、つい一人だと予定にしていたコースを外れて行ってみたくもなるものです。
そんな時、自分では一人で山に来たのではない、と仲間に教えられ計画した通りの道を反れなく歩かねばならないのが山のルールなのですね。
個人の考えでは目的の頂上には辿りつけないのです。
目的の頂上にたどり着くためには多くの決められた登山のセオリーを守るというのが基本なのですね。
このようにみんなが決めたルール、コースを守ることで途中の楽しさと達成した満足感というのが獲得できるものです。
人生もまったく同じような目的目標に到達するためには、途中に苦しみと楽しみの連続と言う点では同じといえそうです。
うんと楽しいことを獲得するためには、うんと苦しい体験は、それが強ければ強いほど達成感もそれに比例したように受け取られものです。
楽しみのない苦労だけの目標は長続きしないことも事実です。だが目標と良い夢が途中の楽しみ、もうここまできたのだ。という自分が自己点検することで途中の楽しみは生まれるのではないでしょうか。
これが人生や山歩きと共通することのようです。

[PR]

by akinishi1122 | 2011-12-31 10:52 | 思い | Comments(0)

今日の一句


似顔絵を前にして年賀打つ  パソコンでの年賀状は画面に25年前を想いだして打つ
[PR]

by akinishi1122 | 2011-12-31 10:47 | Comments(0)

対馬の石仏

b0150946_17315816.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2011-12-30 17:32 | | Comments(0)

比良赤坂山

b0150946_1635925.jpg


b0150946_16152583.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2011-12-30 16:04 | | Comments(0)

9条をまもりましょう

雨宮昭一
茨城大学教授
「雨宮家九条有志の会」(今の所妻と私が会員)、「茨城大学九条有志連」(6人程の異夢の人)、「野田原団地(小生の住む団地)九条を考える会」(今の所、2家族「有志の会」連合です)などをつくりました。そのうちにこんな無数の会がつくられ、表現されたら、改悪はストップされ、社会的に責任をもつ護憲が生じるでしょう。

[PR]

by akinishi1122 | 2011-12-30 11:20 | 九条の会 | Comments(0)

社内報より


10月20日 会社の理念 自分の仕事、自分でやろう
NHKの番組で「学びの力が日本を変える」という番組で岐阜の未来工業の会社紹介がありました。職場のいたるところに提案箱があり、300人ぐらいの社員が毎日提案箱に沢山の提案が投函されているという。
その提案に対して1件につき500円が支給されるために年間で10万円も貰う人もあるというのです。
人々は自分の職場、仕事について誰でも無駄や、改善すべき考えをもっているということです。年間にして2万件以上の提案があり、その提案について色々の事業を開発していて、業界(電気部品)では業界の80%のセアをしめています。
自分たちが考えた製品、職場で自分が実行する楽しみを味あえる、ということで社員の喜びも遣り甲斐も湧くというのがここの会社の考えです。
年間の休日も140日というから3日に1日が休日という。また社員の給与が平均で600万というし、社員がやる気になり、自分が考えたことを自分でやることで、会社はいくらでも伸びていくことの事例です。
社員のやる気をひきだすには社員が自分で物事を考え、それを自分で 実行することで人間はやる気と考えをだすものの証明でしょう。
人から与えられた仕事はやる気がでないものですが、自分で考えた仕事は楽しみだし、やる気もでるものです。
そのためには、自分で仕事を創ることから始めることではないでしょうか。自分が開拓したお客さんは大切にするものだし、自分が計画した仕事は遣り甲斐も生れるものです。
そして私たちの喜びは仕事に対してお客様からの感謝の言葉をいただくことが最大の喜びであることを私たちは経験しています。
自分で考えた仕事、を自分で実行することは失敗があったとしてもそれは必ず次の仕事に役立ちます。そして前の失敗を克服してつぎに成功することで人は自信というものが生まれるのです。
仕事の喜びは自分が考えたことを自分でやることで生まれるものです。そしてお客様に喜んでいただければ苦労というのが忘れて喜びになるものです。
職場や仕事で面白くないと思っている人は、自分で考えた仕事をしていないのではないかと考えてみようではありませんか。
当社は皆さんが自分で考え、自分でその仕事をこなす社員を期待しています。
楽しい仕事、遣り甲斐の或る仕事、自信が生れる仕事、誇りある仕事、技術の進歩開発の仕事というのは自分で見つけ、創ることで生まれるものです。

[PR]

by akinishi1122 | 2011-12-30 11:15 | 思い | Comments(0)

今日の一句

古書店で18冊の買い納め  世界と日本の文学全集まとめて買い収めになる
b0150946_1124946.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2011-12-30 11:02 | 俳句 | Comments(0)

社内報より


12月28日  野心なくして仕事なし  4861号
これは俺の仕事として情熱が傾けられる。と思うことがいくつあるでしょうか?沢山沢山あることは貴方の未来は輝いているのです。情熱というのは野心としての言葉だとより意気込みが積極的になるでしょう。ですから情熱を野心まで高めることができたら、それは続けることに喜びと力が入ってきた証拠と言えるでしょう。
自分の野心というものをあまり考えたことがない。とふと思うことはありませんか?あまりにも野心を持つことの出来にくい時代かもしれませんね。
明治維新や終戦後の時代は希望に燃えた若者がたくさんの夢を持ち行動したものです。そして世の中の新しい制度を次々に生み出していったものですが、最近の若者はあの頃に比べるとハングリー精神が少なくなっているのではないでしょうか。
それはあまりにも満たされた物質があるために、何をやりたいか。という意欲が出ないのかもしれません。でも意欲というのは若者であれば誰でも湧く材料はあるはずです。現代は何故その欲望が途中で消えてしまうのか不思議ですね。
でもたくさんの満たされないことは私たちの周囲にはあるのですが、それが叶えられないものだと諦めが先にでるような時代だからかもしれません。現代はあまりにも変化が激しく粘り強くこつこつ努力すれば必ず報われるということが見えにくくなっているのも事実のようです。
そのことを悟りきってしまう傾向になっているようです。それは価値観を一つの方向に設定するような学校教育の偏差値重視で若者を追い込んでいく時代だからでしょう。
ところが価値観を同一化するというのは今から20年ぐらい前まではどうやら高度経済の成長路線で成功したのですが、画一化された価値観で育った時代がドンドン崩壊し現代では個性の時代、個人の能力の違いがその人の価値として見直されてきています。そして特徴のある人の活動できる経営というのが段々注目されてきたのです。
一人の人間として自分の価値を発揮できるチャンスも生まれてきています。こんな不況の時代にでも新しく事業を興す企業もあいかわらずあまり変らずに存在しています。それは新時代に沿った需要があるということです。
また中小企業では個人の考えがすぐ実現できる機会が大きいので個性を発揮するためには大企業でなく、中小企業で働くことはより大きな自己を発揮できる条件と言えるのです。
いずれにしても自分の個性と情熱を実現できるチャンスの到来と現状を理解することは、毎日のロマンに満ちた生き方ができることです。
誰にでも希望、野望があることを忘れないだけではなくその野望を絶やさないことにしましょう。そして希望、野望というのは実現するものなのです。ロマンだけに終わらせてはなりません。それが仕事なのです。

[PR]

by akinishi1122 | 2011-12-29 12:49 | 思い | Comments(0)

今日の一句


若かりし似顔絵に会ひ大掃除  年末の大掃除に23年前の妻の似顔絵がでてきた


b0150946_12373316.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2011-12-29 12:26 | 俳句 | Comments(0)

我が家のクリスマス

b0150946_23294929.jpg

b0150946_2331619.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2011-12-28 23:31 | 思い | Comments(0)