<   2011年 09月 ( 53 )   > この月の画像一覧

今日の一句


焼酎の味に親しむ秋となり   最近は焼酎のお湯割りにして夜を迎えている

[PR]

by akinishi1122 | 2011-09-30 10:48 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句


枝落とし好きで汗かく行事かな   枝落としの季節が好きだ、頑丈な枝も細かく切り愉快だ

[PR]

by akinishi1122 | 2011-09-29 21:14 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句


庭掃除木犀の香を通したり   庭木、夏草の枝剪定し木犀の香をまねきいれた   
[PR]

by akinishi1122 | 2011-09-28 23:41 | 俳句 | Comments(0)

b0150946_7105083.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2011-09-27 07:11 | | Comments(0)

白山

b0150946_6594051.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2011-09-27 06:59 | | Comments(0)

今日の一句


リフトより妻と一緒の彼岸花  丹後の宮津デリフトに乗り黄色い彼岸花をみた

[PR]

by akinishi1122 | 2011-09-26 09:19 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句

時差ボケと台風テレビ深夜かな
   9月20日 昨日パリから帰国、早速台風に見舞われる

台風に足止めされることになり   9月21日  一歩も家からでれない一日となる

夏草や抜く気になれず昼ねかな  9月22日  まだ時差ボケである

帰国して日本の秋の美しき    9月23日  日本の山や川、海は変化に富み美しい

台風が泥海分ける松林        9月24日 天の橋立、松林で区切られた湾はまだ泥水である

[PR]

by akinishi1122 | 2011-09-25 23:48 | 俳句 | Comments(0)

旅の写真 ケンブリッジのクラスメート

b0150946_19243747.jpg

b0150946_192835.jpg

サウジ、フランス、慶応医学部
b0150946_19285655.jpg

カザフスタンの出入国監理官とターキーの大学生 サウジアラビヤ
b0150946_19295158.jpg

教師
b0150946_19303288.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2011-09-25 19:26 | 旅行 | Comments(0)

今日の一句

パリの汗日本の秋へもちかえる  トラムを荷物をもって3回も乗り換えで空港へ
[PR]

by akinishi1122 | 2011-09-20 20:35 | 俳句 | Comments(0)

帰国しました

2011年9月18日(日)留学とドイツ、フランスの旅(60)帰国の途へ
4時の目覚め、帰る準備をはじめる。部屋ではチリの学生がまだ寝ているから1階のパソコンの部屋に行って日記を打ち、7時に朝食を済ます。
ドゴール空港へはバスが直行しているというが、バスの停車場を探すのが面倒だし、慣れてきた地下鉄で帰ることにした。
やはり遠いから3回乗り換えたから、スーツケースの重みでエスカレーターの無いところの階段はしんどく、僕の外国旅行もこの階段の荷持つが待てなくなるので終わりになるだろうな、と思う。
慣れた積りでもやはり乗り換えのルートを頭に入れていなければならないことと、路線地図の字が読めるためには大きな地図ではいちいち面倒だから、いきおい小さな地図にたより、眼鏡をとり出さねばならない手間がかかるのである。
今日考えたのだが、電車が来たとき尋ねると間違って教える人もあるから、電車が来る前か、ホームに入る時は聞くべきでないと知る。ホームに到着した電車に乗る人に聞いたものだから「これに乗りなさい」と言われて乗ったら反対の方向に向かってしまって引き返すことになった。どうも慌てる癖が年をとってもが直らない。
 僕の影響を受けた人に河上肇先生の「自叙伝」がある。55年ぐらい前に読んで、こんな偉い先生でも失敗するのだな、まして、などと失敗することの合理化をしたのがそのまま続いている。
だから失敗が多いからやり直すために、また繰り返すから人より運動になっているのではないかと、これも合理化しているのだ。だから自分でも健康にこの失敗が役にたっているとまた合理化しているのである。だから死ぬまで治らないであろう。
ドゴール空港に着くまで汗をいっぱいかいた。
 トラムの駅で乗り換え、その時間などコピーしてくれた時間より約1時間遅くついた。
中国南西航空だが、2か月前の予約がちゃんと生きていてテキパキと荷持の受付が済み、次が手荷持検査が200人ぐらい並んでいる。この並ぶ時間が長い。それも並んで、のろのろの時間だから疲れる。
土産は荷持になるから、いつも空港にしている。そしてきあらチヤンやまなチヤンにもこのごろは玩具よりも実用なものがいいだろうと遊びに出る時のバッグにしておいた。
その外の女性たちにもバッグにした。Y社長と哲明には帽子とチョコレートにした。
12時15分発で、中国までは隣にイギリス人マンチエスターの飛行機のエンジニヤと言う人が乗った。
これでもう帰飛行機に身をまかせるだけである。

パリの汗日本の秋へ持ち帰る パリのトラムの乗り換えで汗いっぱいだ 

b0150946_20281234.jpg
b0150946_20292583.jpg
b0150946_2030736.jpg
b0150946_2031717.jpg
b0150946_20315224.jpg

[PR]

by akinishi1122 | 2011-09-20 20:32 | 旅行 | Comments(0)