<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カマドキア世界遺産の町(4)

09年秋トルコとヨーロッパの旅(4)9月6日カパドキア世界遺産の町
6時に旅行会社から迎えが来た。カパドキアまでの飛行機が7時35分だからである。空港では日本人の団体28人というのが関西からついたところで、イスタンブールから乗り換えで、カパドキアに行くというから、カパドキアというのは日本でも観光地として人気があるのかもしれない。
昨日の黒人Olay が綺麗な場所だが寒いから長袖を持っていきなさい、と教えてくれたから、その準備をしてきた。
1時間半ほどで着いたら、出口で手配のホテルからで迎えてくれた。この空港はKayseriといってカパトキアの世界遺産の町までは車で1時間もあるところだ。同じタクシーに日本人の田中さんというクエートの三菱商事の社員さんが一緒になった。彼は今ラマダンで仕事にならないから休暇をとってここにきたらしい。ここからは3時間のところだから、もし旅行中に困ったことがあったら、いつでも電話ください、と名刺をいただいた。
車で走るとここは砂漠である、ちょうどチリの砂漠を走った時と同じ風景である。はるか彼方に高い雪をかぶった山々がある。おそらく100キロは離れているだろう。川は無くその山脈―の雪が溶けた水が地下水となって地下を流れているという。途中から石灰岩が見え、それがぼこぼこと盛り上がって山を作っている。その山が石灰岩だから柔らかく、人々が生活するために洞窟が作りやすい。だから冬は暖かく夏は涼しいから、居住に適しているようだ。ここの歴史はやはり3000年あるらしく、キリストやイスラムなどの勢力がいれかわるたびにその排除される難民が逃げてきたらしい。都市からは離れて避難するには最適の条件がここに人々を定着させたのであった。
ここは海抜2000mというから夜になると気温は10度も下がり、寒いらしいが、昼は日陰にはいらなければ暑い、しかし、日陰だと涼しいのだから湿度がないからである。
石灰岩の山は三角形のが多く高いのは30mもある。そこに窓をくりぬいて、アパート式である。柱がいらなくねばりがあるから自由にくりぬける。面白いのは、伝書鳩の住み家をたくさん作ってあることだ。人々の通信手段に永い間鳩が役だっていたらしい。
案内してくれた平野には葡萄があり、今干し葡萄の最中だったが、たくさんではない。道々に葡萄があるのを食べるとなかなかあまく、美味しい。またカボチャが収穫時期で、いっぱいころんでいる。ここのカボチャは食べるのでなく、種だけたべるらしく、実はおいしくないらしい。
この石灰岩の住居は現在は世界遺産になっているため、住むことはないらしい。また水道ができたので生活には不便だからである。
日本でいえば山口の秋吉台が一つの地域でそれが広大であるといったところだ。鍾乳洞のような地下の集落があり、地下道だけで2キロ高さが30mもあるのが地下に作ってあるが、ちやんと空気の取り入れ口も適度に配置してある。いつの時代などかはわからないが1000年以上であることはたしかである。
外敵から隠れるためと食物やワインの貯蔵などは常温を保てるのによいようだ。
ここでの産業は水が無いためにやはりこの世界遺産で観光を売りものとしてるらしい。日本人も年間10万人はあるという。
このガイドさんは主に英語で説明しているが、僕には日本語で話してくれる。町で会うひとごとに僕をみたら「コンニチワ、ゲンキデスカ」と話しかけてくるが、それ以上の話になるとそこまでの会話はできないが、それだけ日本人が多いということだろう。
ここで絨毯の作業所につれてくれ、またトルコ石の加工場もある。
僕に絨毯の土産にどうですかと勧めてくれたのが幅70㌢長さ1mぐらいのが6万円でいいというが、これを作るのに一月半はかかるというから気の毒なくらい安いと思う。その作業を観ているとすべて一つひとつ織るのだから、ここの織子さんの賃金がいかに安いかがわかる。
夜ホテルでインターネットが使えた。かじか会の登志美さんから「旅日記全部よませてもらいました、あとで感想かきますね、からだなんともなくてよかったですね」とあり俳句の淑子さんからは「8日が句会です、またたくさんの句を送ってくださいね、この前の句会では  単線の夏を集めねモスクワへ が私は一番好きでした」とあった。

[PR]

by akinishi1122 | 2009-09-08 01:42 | 旅行 | Comments(0)

イスタンブール(3)

09年秋トルコとヨーロッパ(3)9月5日イスタンブール市内とクルーズ
8時45分、ホテルに今日の市内観光とクルーズの会社から迎えがきた。全体で20人ぐらいのグループだが、日本人は僕だけだ。黒人でカリブ海にある国で放送局の記者をしている32歳、その婦人で白人の美人がスペイン人で経営のアドバイザーをしている。この2人が目立つ存在だ。いつも手をつないで歩き、キスを女性のほうから求めているのだから気になる。
そんな彼らと昼食の時同じテーブルにあったことで話しだしたら、なんと日本語を少し話できる。東京、札幌、大阪などにも取材で来たことがあるとのことだ。なかなか朗らかで、彼の名はOLI というから、日本語で(王利)王様の利益を得るといった意味だから良い名前だと説明し、彼女はNATEIというから(名庭)と書いてやった。それは日本語で名庭園だと解説したから、大変喜んでそのごたくさんの写真も一緒に撮ることになった。
日本ではどうも黒人と白人のカップルなど想像することはなかったものだが、こんなに友達になればなるほど、微笑ましささえ感じるようになるものだ。そうみてくると、オバマ大統領もこのような父母から生まれたのだから、僕らの認識も変わりつつあるな、といま着接感じてきた。
そんな彼らと街や海のクルーズができたから、楽しくあるくことができた。
イスタンブールが地中海の奥にあり、しかも歴史はヨーロッパ一古くしかも交易も盛んだったことが海の観光している間にたくさんの大型貨物が行き来していることでわかる。景色もちょうどストックホルムの湾を想いだせる。だがその大きさといったら、ストックホルムなどの比でなく大きい。陸と島をつなぐ橋が500mぐらいのが何本もかかっている。
街にはモスクのドームがたくさんあり、ここは完全にイスラム国である。キリスト教会国には十字架があるが、ここの塔の先端にはCというマークだ。
ローマ時代は首都にもなったぐらいなのに、オスマントルコになってから全てイスラム式のモスクに改造されたということだが、この国ヨーロッパ、アジヤとつながっていて、絶えずその勢力の支配が交錯の連続の4000年の歴史でようやく現在のトルコになったから簡単に僕の頭では歴史認識は整理できない。
モスクの特徴は全て屋根がドームで、その付属にとんがった丸い塔があるということだ。頂上の近くに展望台のような皿状のがあり、そこから拡声器で牛の鳴き声のような嘆きのような声が時々聞こえてくる。
今はラムダンの時期でみんな絶食するらしく、昼は食事はもちろん、煙草、アルコール、水も口にはできないという。こんなんで肉体労働する人は体力をどうして保ち、働くことができるのだろう。もしこの戒律を破った商店は罰が課せられるらしいのだが、これだけ休息な経済社会のなかでいつまでこの制度が維持できるのだろうか。
トルコが世界の産業社会に遅れをとっているのは、このラムダンと言う制度が足カセになっていることにもよるのではないか。
夕食に琴美さんとでて、ビールを注文したら、おおきなレストランだったのに、アルコールはダメだというから出てしまった。でも大通りの店では外から見たら飲んでいるので入ったが、商売している店とそうでない店との矛盾をどうやって解決するのだろう。
日本やキリスト教国では理解しにくいのではないか。
日本では宗教と経済は別といって、お寺や教会が幼稚園や大学まで建てて利益を得る事業など最近は平気でやっているが、それぞれの理屈をつけているようだ。
そんなことなので心の問題を経済活動と一致させる理念というのはこじつけするのにだいぶどこの宗教も無理しているのではないか、などと、このラマダンの制度を体験して考えたことだった。

[PR]

by akinishi1122 | 2009-09-08 01:31 | 旅行 | Comments(0)

イスタンブールの旅

2009年秋のトルコとヨロッパ(2)9月4日イスタンブール
イスタンブールに着いたのは5時30分だった。先ずホテルの確保する電話をいれたら、最初のホテルがOKで、第一ばんの関門がなんなくクリヤーできてやれやれだ。地下鉄に乗り終点まで行き、バスに乗り換えなさい、とインフォーメイションで教えてくれたが、終点でバスの運転手に聞いたら、歩いて1000mぐらいだから歩きなさい、というから歩きだした。ところが何人かに聞くのだが、ずっと向こうだ、というひとばかり、若い男性が「何かお探しですか?」と日本語で話しかけてきて、自分が連れていってあげよう、とそれも日本語だ。彼はプロのキックボクシングの選手で、日本のワタナベという選手と対戦したことがあるという、そして、僕のホテルを知っているといって連れてくれたので助かった。そして、イスタンブールで困ったことがあったら、電話してください、とまで言い、電話番号も教えてくれた。
地下鉄の終点からは少し上り坂になっていて、朝といっても暑く、汗だくだ。
ホテルは一応4・5の2日間の泊まることにした。
チエックインは1時からというので荷物は預けて、このホテル内にある旅行案内に行き、今後の予定を相談した。
すると、今日は自由行動にして、歩いてすぐのところに、メインの観光の、ブルーモスクなどがあるし、大きいマーケットもあるから、一日目はそこで観光して、2日目は観光バスと海の観光船がいいだろう。次の6・7日は首都のアンカラに行きたいと言ったら、観光だったら、CAPPADOCIAという綺麗な古い街があるから、それがお勧めだといって、ビデオを見せてくれた。なるほどよさそうだから、そこにきめた。飛行機で1時間ほどだし、日本語のガイドが2日ほど案内してくれることもわかった。
こんなことで、9時半ぐらいまでかかり、歩いて観光にでた。
イスタンブールとはもとは我々が歴史で習った時はコンスタンチノープルというので耳なれした名前だが、今はイスタンブールと変わったらしい。この国は紀元前16世紀にもうヒッタイトという王国国家が成立しているから、日本の建国歴史の聖徳太子の時代以前の1000年も前にもう国家が成立しているのだから、おそらく世界ではエジプト、中国、インドなどとならぶ古い歴史をもっている。だから日本などとは比較にならない歴史のある国で、キリストよりも1600年も古いのだから、もっと尊敬されて良いはずなのに、陸続きのため、たくさんの支配形態がかわってきているため、現代では世界を動かすという話題がすくないように思う。
現在はイスラム圏に属しているためアメリカを中心にしたヨーロッパキリスト文明の影になっていて、国際的に輝きがない。
僕にしてもトルコといえばレスリングの強い国だ、ぐらいしか頭にないのが実情であった。
ところが、ここに足を踏み入れてみて、本でも調べてみると、古代オリエント文明、古代ギリシャ、ローマ文明、ビザンチン文化、イスラム文化でいつもその中心地となったのが、古代のイスタンブールであったことを知って、驚いている。エーゲ海文明、ミケネー文明もみんなここイスタンブールが本拠地であったことを知る。
その象徴的な建物がモスクである、先ほどの青年に「教会が多いね」と話したら、ここでは教会と言わない、教会はキリスト教の名前で、ここではモスクと表現するという。われわれとしたら、宗教の寺院は教会と呼ぶ習慣があるが、イスラム教国に来たら、呼び方もモスクである。たしかにモスクにはキリスト教の十字架がないし、屋根がドーム型である。そして、祭壇がないのも不思議だ。たしかアラーの神を信じているはずなのだが、アラーの神の姿がどこにも見当たらない。
一番中心の地域にブルーモスクがあり、そこに入ってみたが、キリスト教の教会では入場料を取るところが多いのだが、アラーの神は教えが違うらしい。
おそらくメッカの方角だろうが、みんなその方角を向いて、頭を床にすりつけての礼拝をしている。
変わったところでは、男性が中央の正面で礼拝しているのにたいして、女性は入口の近くで隅の方で女性だけかたまって同じような礼拝をしている。頭を床に擦り付けるから、土足は禁止で、各々にビニール袋が支給される。そして、絨毯が敷き詰められているが、送信のクッションの豊で深いこと。
ここは絨毯の生産でも有名であることも後でしった。祭壇はないが、内部の壁面には唐草模様のデザインで、ドームの天井まえがかれている。天井の高さは30Mもあろうかドームに なっていて、これがイスラム教の特徴であろう。
いまラマダンといって、断食の季節らしく、さっきの青年も夜しかなにも口にしないと言っていた。こんなに暑い日中なのに体力が消耗しないのが不思議である。
それにしてはレストランは昼でも開いていたが、さすがに僕が入った店には僕だけしか客は来なかった。
コンピユータのブルーモスクは敷地が1キロ四方ぐらいで、外国からもの観光も含めるとおそらく一日に数万はあるだろう。
キリストと違いどこからか、嘆きのような大きな声がマイクで放送されている。これは町の中でも同じ声が聞こえてくる。
僕には嘆きの声に聞こえるが、皆の嘆きをあらわしていて、われわれでも解るような気になるものだ。
人間は喜びとともに嘆きはあるものだから、それを救うアラー神がいてくれて救われるのは、宗教に共通する考えかもしれない。
夜八時からこのモスク広場で集まりあがるというので出かけてみた。昼ラマダンで絶食していたから、この広場に数万の家族が芝生にござをひいたりベンチのGぽ馳走を広げて夜食である。人込みを通りすぎようとしたら、僕に中年の奥さんが夕食の中にか入れと誘ってくれる。これが一人ではなく、何人かの家族が誘ってくれた。
だから遠慮なく進めてくれた一品をいただくことにした。そしてそのことをSYASINN 写真に撮ってくれとのことだ。子供をふくめ家族8人ぐらいを写真に収めた。調理というより、キンカンの砂糖煮だったがなかなか美味しいものだった。
昼に公園の帰りにモスクわバックに写真を撮ってもらった青年が、「日本人ですか?日本のどこからですか?お1人ですか」と僕の分かる言葉で走る無かけてきた。午前中の人、電車の中の青年が片言でも、何故日本語ができるのだろう。僕などトルコのアラビヤ語など一言もできないのに不思議だ。「私の会社の支配人はじょうずんい日本語が話せますが、もし時間があれば会社に来てみませんか?」という。この青年は日本に行ったことはQないが、ここで日本語の勉強をしているという。
三〇歳ぐらいで信頼できそうな青年だったから、彼の会社について行くことにした。表面の町ヤモスクを観るだけでなく、願ってもない幸運である。
モスクの広場から5分ぐらいの所に彼の会社があった。3階の支配人の部屋に安ないされ、なるほど立派の日本語の話せる40代の人である。絨毯の生産販売をしていて、日本も含めて世界に輸出しているために日本にも大阪にも行くから日本語学んだという。絨毯の出来るまでの行程や値段、シルクの絨毯が何故高いかはすべて人間が手作業で作るからという。たくさんの絨毯を見せてくれたが、床に敷くのは一人の人が3か月か5か月の時間をかけ、しかも絹だからその紬も大変な行程なのだと分かる。
そして初めて知ったのだが、光線の具合で色が変化するのを織っていることも教えてもらった。
ちなみに6畳間ぐらいので300万円ぐらいするらしい。お付き合いで買えるような値段ではない。
なんにもない僕にお茶の接待までしてくれた。
夜の散歩から帰ったらホテルで日本人の女性がパソコンをしていた。26歳で伊丹からきていて、1年計画で世界旅行の始まりらしい。勤めを辞めてきたらしいが、長い人生の中の若い彼女の決断は素晴らしいことだと共感し、もし一年の旅を終えて帰国したら、世界中にたくさんの人脈をもとに、自分で仕事を作ることを勧めた。そして事業を興す目的で人々と接触することで帰る時には何らかの道が開けるものだから、目的をもって旅をしましょう。などとビールを飲みながら語りあった。

[PR]

by akinishi1122 | 2009-09-07 15:21 | Comments(0)

今日の一句 9月3日

空蝉を鉢に植えたり新学期

孫が空蝉をプランタンに植えて帰っている。来年も期待してのことだろうか
[PR]

by akinishi1122 | 2009-09-03 07:54 | 俳句 | Comments(0)

今日の一句 9月2日

音たてて今朝も咲いたり酔芙蓉

毎朝音をたてるように咲く酔芙蓉に元気づけられるようだ

[PR]

by akinishi1122 | 2009-09-02 09:56 | 俳句 | Comments(0)