カテゴリ:未分類( 373 )

娘の留学18歳

薫留学先への通信・イギリスブライトンへ(18歳)

19824月10日から

薫のための家族日記19824月10日(土)

薫 起床830

顕 報徳授業開始のため、7時50分出発

姉に挨拶をして出掛けた。授業時間が12時30分で終わるのでタクシーで行っても薫の出発時間に間にあわない、だから出発の115分前に家に電話をいれてシンガポール航空の黄色の機体を見ておくようにおばあちゃんに連絡した。帰宅してその飛行機を見たとのこと、家の庭から3人(秋西おばあちゃん、井坂おばあちゃん、顕)で手をふった。とのこと。

秋子 見送りに来た5人にタクシー代と喫茶代を渡して御礼を言う、ターミナルの屋上で手を振りながら、涙を流している娘がいた。 

411日(日)

秋子 シスターの人達が花見に待っていてくれたので、京都に出掛ける。夜8時30分帰宅。

父 藤本さん宅に電話掛けて飛行機のコースを聞いた、だけどバーレンに着いて後はどこか知らないとのこと、彼女はシンガポールから電話してきたそうだ。夜10時に藤本さんから電話が入り薫さんが迎えの人の車に乗り込まれるのを見ましたから、もう着いてられると思います。と連絡あり、すぐGray宅に電話すると、無事に着いて、薫の声が聞こえたので安心する。会話はテープに納めてある。

4月12日(月)

ひめくり暦に365日から薫の帰る1年間の数字を引いて364、363・・・と書きこんでおく、髭を剃るたびに数字が減るのが楽しめるように、日本時間とイギリス時間と比較した表を、顕が昨年貼った壁に書いて、明子さんと秋子さんで作って貼ってある。

同友会の合同新入社員式で同友会会長代理でお祝いの挨拶をした。

薫はヲークマンのステレオ録音用コードを忘れて発つたから、別便で送ることにしよう。

4月13日(火)

秋子 10日ぶりにシスターに出た。お客さんが、娘の外国行きを知っており、“お楽しみね、しっかりした娘さんね”と言ってくれた。今日入学の手続に行く日なので、どんな学校かかと想像している。 “入学おめでとう”

4月14日(水)

顕とお父さんが弁当はじまる。顕の弁当箱はボリュームがあって、御父さんの1・5倍はある。だが昼食後学校の食堂でおにぎりを買って二つ食べたそうだ。家に帰ってまたラーメンをつくって夕食には皆と一緒に普通食、相変わらずの一日です。報徳は宿題が多いようで、毎夜テレビを見ながら遅くまでやっている様子、12日に明子さん(大手前女子大生)とお母さんでポピー【愛犬】の注射に行ってくれた、今年は新甲陽郵便局前、報徳まで自転車12分で行けるそうだ。階段の下から毎日担ぎあげて帰ってくる。

4月15日(木)雨のち晴れ

顕君は朝雨の中カッパを着て自転車で出かける。そのせいか、門の鍵を閉めるのを忘れたらしい。ポピー君が逃げ出し、御母さんが出かける時も、明子さんが登校するときも帰って来ない。二人の御婆ちゃんが奮闘して、井坂のおばあちゃんがウインナーを与え、首を掴んでいる間に由恵さんが雨の中を門を閉めに走ったらしい。

夜、明子さんはクイズのはがきを書いている。当選したら、パリかロンドンに行けるそうだ。“その時は薫ちゃんに逢える”と言っています。

シンガポールのスチュアデスBee Hoonが今ハワイにいますとポストカード、“あなたと子供さんがシンガポールに来る時は忘れずに手紙ください。きっとご案内します“と日本語で書いてきました。

4月16日(金)晴れ

秋子 例年になく春が遅く炬燵を入れている毎日です。

そちらはどうですか? 一日1回の自分の部屋にいるとき大きな声を出すと、すっきりします。歌うなり、のびをするなりしなさい。

明日は顕の初めての父兄会で店を休んで行くつもりです。明子さんは今日、例のロングスカートで新入生にクラブの誘いで出掛けました。明子さんは抜群の成績で今年一年はフリーの英会話の授業だけで、卒論のみだそうです。久安さんより、喫茶店のバイトを言ってくださいましたが、本人は別のところを希望しているようです。

薫ちゃんは気楽に楽しみながらやりなさい。

1便を送る

417日(土)晴れ

秋子 顕の父兄会に行き役員選出で6名の人達ということで一言も言わず簡単に決定、厚生役員になりました。バザー、献血、講習会の手伝いの様ですが、先生は出て来なくってよいと言っていられます。5月1、2と文化祭で、3,4,5と連休の様子でその時手伝うようです。役員になったと言ったら、みんななると思ってた。なんて言います。

1週間たちましたが、如何ですか?土、日休みで手紙書いてくれることを祈っています。

4月18日(日)晴れのち小雨

秋子 今日は植木市に行き小さな花を少々買いました。

地植えすると御父さんが直ぐ引き抜くので顕は鉢に全部植えかえしました。今年は木も花も少なくあまり買うものがなかった。朝から全員で庭の草引きでした。薫ちゃんの蒲団を干しカバーと毛布の洗濯を済ませました。荷物送ろうか、それともそちらで買ったほうがいいか迷っています。特に入用な物あれば連絡ください。そちらで買えるものは出来るだけそちらで買って下さい。お金は送りますから。

父 日本の朝は日の出が540分、薫ちゃんが学校へそろそろ登校するか、寝る時間ぐらいだろうか。1120分位の薫から電話が入った。丁度御父さんも大村玄次郎さんが来ておられたので起きていて、公衆電話から掛けられると便利だなあ、この調子だと、気軽に声を聴きたいものだと思う。今日の電話は何分喋って、お金はいくらぐらいだったのですか?

4月19日(月)晴れ

秋子・・今日は片山さんと宮崎さんのおばちゃん3人で梅田でデートしました。ケイ子ちゃんも4年制大学に行くより2年間外国に薫ちゃんと行かせたらよかったと言っていられました。ケイ子ちゃんは日本の色々のことをさすと言ってるそうです。来年のアメリカ旅行を楽しみにしている様です。片山さんのおばちゃんも優しい方でとても心配してくださって、薫ちゃんが出発してからも電話くださったりしています。何でも喜ばれる方ですまた葉書でもだしといてね。

 昨夜の電話で安心しました。今日はよく分かる手紙ですっかり安心しました。良いお友達もできたようでよかったと思います。

 テニス大いに結構、なんでも試してみるように、入用なものは高くても買いなさい。送っても日がかかるし、送料もいることです。自分で気にいった物は買うのも楽しみと勉強になるでしょう。学校も楽しい様子、家のもの全員安心、手紙ありがとう。オババ達涙を流しながら喜んでいます。ポケットに入れたり出したりして眺めています。

※今日毎日コミニュケーシヨンに行って保険に加入してきました。証書は直接薫ちゃんの家に送ってくれるそうです。保険は病気になった時、怪我をした時、物を盗られた時、など一年間のうちで全てが事故について保障してくれます。また薫ちゃんが病気でもし、入院したりした時、日本から見舞いに行くための費用なども含まれているとのことです。大切に保存してください


[PR]

by akinishi1122 | 2017-10-17 19:00 | Comments(0)

山と俳句と百歳と9条

2017年9月の生活俳句

9月1日

爽やかや心通じる人の便

毎日の俳句に共感してくれる人からの便りが嬉しい

9月2日

伊勢海が老獲れた電話や敬老日

天草の甥から大きな伊勢海老が取れたと興奮の電話

9月3日

天草の巨大伊勢海老秋の夜

今まで見たことの無い50センチもある伊勢海老が天草から頂いた


[PR]

by akinishi1122 | 2017-09-04 08:43 | Comments(0)

山と俳句と百歳と九条

20178月の生活俳句

8月1日

お寺よりサザエの中元届きけり

盆に法事の帰省するためにお会いするお寺の住職からサザエのお中元が届いた

8月2日

そわそわと盆の帰省の本選び

どの旅の本を何冊持って帰省しようかとまだ決めかねている

8月3日

盆の月無花果二番で桃一番

今一番美味しいのは桃と無花果である

8月4日

忙しく妻は帰省の盆土産

法事に帰るのだが土産を選ぶのを喜んで忙しくしている

8月5日

二階から無花果届く夜長かの

僕が好きな無花果を知っていて二階の息子が夜届けてくれた

8月6日

原爆日総理禁止言わずまま

核禁止条約が国連で成立したが日本の総理は条約に調印不参加という

8月7日

台風の縦断続くもう五号

次々に発生し日本列島縦断で死者や河川氾濫が今日も上陸

8月8日

雨宿りせず台風を背にバイクかな

台風が近づき少々濡れてもとスピードを上げ家路へ

8月9日

木ノ子雲郷の家から見えた今日

1945年8月9日我が家に爆弾が落ちたような轟音と長崎の空に原爆今日だあった

8月10日

盆帰省緑さとトンネルを通りぬけ

夏真っ盛りで熊本までも田んぼとトンネルを見る間に通りぬけての故郷

8月11日

吾が植えし山桃に蝉の声

家を改築した40年前のお祝いの山桃が大木となりたくさんの蝉が迎えてくれた

8月12日

盆参り出会いを作る亡き夫妻

兄、姉、母の法事に帰宅すれば新しい親戚との出会いができた

8月13日

碁仲間の90歳と盆手合い

帰省するたびに同級生の夫君90歳と囲碁の手合いも帰省の楽しみだ

8月14日

盆帰省天神山もコースかな

帰省するたびに天神山に登り、故郷の全景を眺め64年前を懐かしむ

8月15日

精霊の流しに託す吾が供え

初盆の精霊船に父母兄への供えを託して流してもらう

8月16日

稲妻の今夜も続く闇の空

稲妻が毎日光り闇夜を賑やかにしてくれる天草だ

8月17日

盆帰郷浦島太郎になりにけり

天草を出て64年になると何もかも変わり知り会いと会うこともない道

8月18日

8月や隣り町から蛸料理

天草でないと食べれない蛸飯がわれわれのために届けてくれた

8月19日

郷帰り9条講演に里ことば

「世界から見えてきた日本」というテーマでお話しをしたが、天草ことばを入れる

8月20日

我が郷の田の草とりが甦る

戦後の食料難で夏休みは田の草取りの重労働に手伝いと昼寝が甦った

8月21日

想いでも新緑となり古木梅

子どもの頃から庭にある梅の木は80年もの古木だが新緑を開いている

8月22日

方言もなくなっており盆帰郷

もう方言で交わす人々がいなくなった郷帰りである

8月23日

玄関に蚊とり線香炊いておき

マンションの玄関に蚊とり線香を炊く毎日である

8月24日

パソコンの無き一日のなお暑し

パソコンが故障していらいらが一層暑さを感じる

8月25日

亡き兄の門構え松萌え盛る

兄が6日かけて手入れしていた門構えの松が萌え盛っている

8月26日

娘より「尊敬」と言われる残暑かな

50年会社を続けてきたことへの娘の「尊敬」の言葉を初めて訊いた

8月27日

碁に負けてふてくさり寝や冷房機

楽しいのに負けが込むとふてくさり寝で冷房を強くして寝る

8月28日

鱒釣りの土産多きを持て余す

孫たちがマス釣りとバーベキューパーチーに行き沢山の鱒の土産を届けてくれた

8月29日

稲妻とミサイルの空残暑かな

朝6時前に北朝鮮のミサイルが北海道の空を横断しテレビは一日大騒ぎ

8月30日

八月や床屋に行かず妻挟み

妻の挟みで夏の終わりをさっぱりと

8月31日

短夜や夢は囲碁の負け戦さ

パソコン囲碁で夢にでてくるのは負けた対局ばかりである


[PR]

by akinishi1122 | 2017-09-04 08:38 | Comments(0)

山と俳句と百歳と9条

7月16日

82歳毎日35℃の暑さかな

今年は日本全体が35℃の毎日の記録である

7月17日

海の日や鰻と海老の夕餉かな

猛暑が続いて体力の補給の夜

7月18日

大梅雨被害豪雨の国となり

日本列島全体に1週間も居座り被害各地に新記録

7月19日

暑き夏ヒアリ大量の輸入便

毒性のあるヒアリが中国・台湾から輸入のコンテナに入って日本に上陸している

7月20日

蝉時雨梅雨明け知らせてくれにけり

7月21日

桃の味今年は旨し今日も買う

今年の桃はなかなか旨い、昨日と同じ店で今日も買う

7月22日

学校を楽しむ孫や夏休み

学期末のテストもクラス2番、学年で4番だったという

7月23日

秋田にも河川氾濫極暑かな

日本列島縦断の豪雨で本日も秋田で陸の孤島で家屋が水没

7月24日

目の霞雲海の中にいる気分

先日から右目の中心が霞かかり雲海の中にいる気分

7月25日

高齢者交通講習入道雲

高齢者ばかりの交通講習だが外は真夏の入道雲

7月26日

早とちりして猛暑の中のホスピタル

一ヶ月読み違い猛暑中医大へ訪問

7月27日

浴衣着て六十年ぶり「こころ」読み

漱石の「こころ」を入院で六十年ぶりに読みまた学ぶことになった(検査入院)

蝉の声ピタット止まる正午から

どうして蝉は午後ということが分かるのだろう

7月28日

報徳や負けてこの夏終りけり

準決勝で神戸国際大付属に1対2で負けた

729

シャワーの後息子にカテーテルを訊く

息子に意味を解説してもらう

7月30日

点滴の長きに堪える盛夏かな

夜から明日朝までかかる点滴に堪えなければなるまい

7月31日

入院や同病の友とアイス菓子

隣りの同病の患者の奥さんからアイスクリームを頂いた


[PR]

by akinishi1122 | 2017-09-04 08:35 | Comments(0)

今日の一句

6月30日

梅雨豪雨末期の予感吾が総理

「この中で私より頭の良いひといますか」という記者会見の驕りの議員への弁解も


[PR]

by akinishi1122 | 2017-07-01 07:41 | Comments(0)

家族日記

薫留学先への通信・イギリスブライトンへ

19824月10日から

薫のための家族日記19824月10日(土)

薫 起床830

顕 報徳授業開始のため、7時50分出発

姉に挨拶をして出掛けた。授業時間が12時30分で終わるのでタクシーで行っても薫香の出発時間に間に「あわない、だから出発の115分前に家に電話をいれてシンガポール航空の黄色の機体を見ておくようにおばあちゃんに連絡した。帰宅してその飛行機を見たとのこと、家野庭から3人(秋西おばあちゃん、井坂おばあちゃん、信顕)で手をふった。とのこと

秋子 見送りに来た5人にタクシー代と喫茶代を渡して御礼をいう、ターミナルの屋上で手を振りながら、涙を流している娘がいた。 


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-21 21:27 | Comments(0)

社会主義のソビエト旅行

1988年8月12日

朝部屋の窓からアムール河のスケッチをする。食事の後、2時半から4時まで一人で歩くインツーリストホテルのすぐ近くに博物館があった。ハバロフスクと言う人がここを開いたというのでその名がついたという。

博物館で目についたのは奴隷の足の鎖の現物があったことのショックだ。マンモスの牙があるし、大きな20mぐらいの動物の骨があったが、公園の外に屋根だけあるところにあるところに展示してあるのは残念に感じる。段々風化していくかもしれないのに。

 10時から11時までアムール河遊覧、われわれ日本人15人とヨーロッパからの31人のグループだけだった。ギリシャ人と英語で話す。相手もよく分からない英語、こちらはそれ以上にわからないが1時間ちかく喋った。一人で旅しているらしい。世界をまわっていて、アジアにも行っており停年後らしい。石油会社に務めていたという。日本の500円玉が欲しいと言って、自分は5ルーブルくれた。それで交換した。今ルーブルはレート235円だというから彼は大分損をしているから、ちゃんと換算して払おうと言ってもそれでいいという。二人で写真を撮り、必ず送って呉れと住所も書いてくれた。

アムール河の深さは深い所で90m、幅は広いところで42キロあるそうだ。同行しているガイドは女子大生で2年間日本文学をやっているというが、まだまだ要領をえない。

 ホテルの食事でブロイラーが出たがどうも食事は僕にはあわない、午後2時から4時まで一人歩きし公園の炭火で焼いたブロイラを食べたらタレが美味しい。ソ連人はアイスクリームを良く食べている。1ケ60円ぐらいかもしれない。スーパーでニシンの酢のものを買った、皆にも分けてやったら御飯があったらいいのにと言っている。

 飛行場に行、6時30分発というから時間があると思い一人で空港前のベンチにいて集合時間は6時でいいだろうと思っていて6時に行こうと思っていたら、ソ連の空港職員が「飛行機にのるんだろう?」と呼びにきた。空港にはいったらもう皆いない。走れといって女性職員が僕の手を引いて飛行機のとまっているのに向かって全速で走る。事の重大さを知った。出発が早くなったという。皆心配してくれたらしい。探しもしてくれたという。そんな早くなることってあるのだろうか。飛行機の出発に間にあってやれやれだった。

 モスクワ時間にバックすること7時間、朝の11時20分頃ハバロフスク出発。8時間半でキエフ着。降りたら肌寒い。大分違う、みんなコートを着て歩いている。

 10時頃食事に呼ばれていたが、僕は機内食を食べたからもう食べたくないからシャワーをあび直ぐ寝た。ハバロフスクではバスタブが無かったが、ここはヨーロッパ式にちゃんとあり着持ちのいいホテルである。


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-14 08:41 | Comments(0)

16歳薫のイギリス留学

薫留学先への通信・イギリスブライトンへ

19824月10日から

薫のための家族日記19824月10日(土)

薫 起床830

顕 報徳授業開始のため、7時50分出発

姉に挨拶をして出掛けた。授業時間が12時30分で終わるのでタクシーで行っても理香の出発時間に間に「あわない、だから出発の115分前に家に電話をいれてシンガポール航空の黄色の機体を見ておくようにおばあちゃんに連絡した。帰宅してその飛行機を見たとのこと、家野庭から3人(秋西おばあちゃん、井坂おばあちゃん、信顕)で手をふった。とのこと

秋子 見送りに来た5人にタクシー代と喫茶代を渡して御礼をいう、ターミナルの屋上で手を振りながら、涙を流している娘がいた。 

411日(日)

秋子 シスターの人達が花見に待っていてくれたので、京都に出掛ける。夜8時30分帰宅。

父 藤本さん宅に電話掛けて飛行機のコースを聞いた、だけどバーレンに着いて後はどこか知らないとのこと、彼女はシンガポールから電話してきたそうだ。夜10時に藤本さんから電話が入り薫さんが迎えの人の車に乗り込まれるのを見ましたから、もう着いてられると思います。と連絡あり、すぐGray宅に電話すると、無事に着いて、薫の声が聞えたので安心する。会話はテープに納めてある。


[PR]

by akinishi1122 | 2017-04-10 15:30 | Comments(0)

今日の一句

10月24日
秋野球報徳近畿地区戦へ 今年も兵庫代表として連続9回の近畿地区大会に出ることになる

[PR]

by akinishi1122 | 2016-10-25 19:44 | Comments(0)

今日の一句

6月22日
待ちに待ち今年も着いたさくらんぼ 山形の美味しいさくらんぼがこの10年ぐらい贈られてくる

[PR]

by akinishi1122 | 2016-06-23 15:19 | Comments(0)