社内新聞

日々新聞  2013年 2月20日

君に限界無し

数年前日本人がイラクで人質にとられた時、政府の担当者が「自己責任」だと国民を突き放すような発言をして、物議をかもしだしたことがありますが、それ以来個人を見る目に自己責任とみる考えが広がつているようです。

自己責任とゆう考えには、相手を育てる心や、励ましたり相手の可能性や能力を見つける目、相手の成長する可能性を見落とす立場になりがちのようです。

そのような立場では、教育や、可能性を発見できないし、相手にも尊敬されない心をもたせるようです。

人間はだれでも無限の可能性をもっているし、そこを認めてやることによって無限に発展していくとゆうのが現代心理学になっています。君には限界がなく、可能性があると指導者がその芽を発見し、ひきだし、励ましてくれたら、限界なく自分で発展していくとゆうのが、現代の教育の理想とされているのです。

自分は無限の可能性がある、と高橋尚子さんも自分に言い聞かせていて、そして世界一のランナーになったのでした


[PR]

by akinishi1122 | 2015-06-22 02:37 | 社内新聞 | Comments(0)

<< 社内報創業46年の歩み 旅の本への感想の便り >>