旅の本への感想の便り

 

旅日記本の感想

中小企業家同友会全国協議会前会長、現相談役 赤石義博さん

お早うございます。昨夜、福岡の50周年記念式典から帰宅したところです。立派な本が届いていました。頭の中ですらすらと考えて書いたものではなく、一文字一文字に実際の積み重ねの全てが打ち込まれていることなので、大変重みのある内容と感じました。有難うございました。じっくり勉強させて頂きます。更なる旅を期待しておりますし、その為にも、益々健康でありますよう祈念申し上げます。宮崎信敏万歳!万歳!

 中小企業家企業家同友会全国前幹事長  河野先さん

前略

すっかりお礼が遅くなりました。

読了しましたが、御一緒に56ヶ国を歩いた気分で爽快です。

しかし本当にタフですね。私より3年程若いのに、体力、気力、困難にたじろかず、乗り越える姿に感服です。

山の会、百歳の会、など一つひとつやりあげていく人柄、本当に驚きの稀有な力だと思います。

203頁三行目までの文章は心に響きました。

マスコミ、政治家の老化した中で、参院選挙の行方は、大変気になります。

香川同友会の20期同友会大学に「消費税、TPP」の講師依頼があり、戸惑っています。

東京大空襲訴訟を最高裁に上告中ですが、原発問題を含めて国策の誤りを明確にすべきです。今後ますます御健勝を期待しています。

乱筆、乱文にて

草々

中小企業家同友会全国協議会 政策委員長 大橋正義さん

おはようございます。

遅くなりました。

宮崎さんから頂いた「世界紀行」(宮崎信敏著)、4月末の上高地散策の旅で読ませていただきました。

豊かな人間性をバックボーンにして、常に様々な世界を訪ね学習し、自及び他を観察し客観的に捉えて、自分と客観的世界の関係を再考し、自分の考えを表現する宮崎さん。驚嘆。

7月の大会でお会いできることを楽しみにしています


[PR]

by akinishi1122 | 2015-06-22 02:29 | 旅行 | Comments(0)

<< 社内新聞 旅の本へのお便り >>