本へのお便り







高校同期生新技術事業団 東京在住  E/Y氏より







寒さ厳しき折柄相変わらずお元気のようで安心しています。私共も相変わらずです。本日は貴台の著書をお送り頂き有難うございました。



早速し詳読させていただきました。



特にアイスランドの記述には興味がありましてた。といったのは、私の専門である地熱発電だからです。日本での松川地熱発電所を50年前に建設に関係しました。今後も御活躍を期待しています。敬具







中学同級生 和歌山県勝浦在住 M・K子







毎日寒い日が続いていますが、お変わりありませんか。



先日は又本を送っていただき有難う御座いました。いつもお礼の手紙が遅くなって申し訳ないと思ってい乍日を重ねてしまい、本当にすみません。



毎日少しずつ楽しみながら読んでいます。



信敏さんの人柄いいから、どこに行ってもお友達になれるし人徳があるのかなと思うし、それだけ勉強もされたと思います。



80歳とはいえ、健康であれば、まだまだ大丈夫です。これからも、楽しい旅と俳句がんばってください。



まだまだ寒さ厳しい折、くれぐれもご自愛くださいませ。



かしこ







2015年2月18日











宮崎信敏様、







「俳句で歩く78歳の旅」をお送りくださり、ありがとうございました。



ただ今、拝読中です。これから行ってみたいなと思っているところが



あちこちに書かれていて、いつか参考にさせていただきます。



仕事が最近忙しいので、なかなか旅行ができずにいます。



どうか、お体を大事にされて、くれぐれも安全な旅をしてくださいね。



またお会いできますことを心待ちにしております。







遠谷 茂、真里



2015年2月23日







(大阪で最大の眼科医院長、ベネチアでお会いした眼科医ご夫妻)











民主主義文学界常任理事 作家 風見梢太郎さんより







敬愛する宮崎様。

「俳句で歩く78歳の旅」受け取りました。

表紙の写真がとても美しくてすっかり気に入りました。


やはり、俳句が最初にあると、ずっと趣が深くなりますね。
一つ一つ楽しみに読ませていただいています。

183ページ~184ページ「旅を振り返って」のあたりは、大変
興味深いことが書かれており、またお話しを聞かせていただきたいと
思いました。

まずはお礼まで。

どうぞいつまでもお元気でお過ごし下さい。



風見梢太郎







2015年2月23日







日本民主主義文学会 常任幹事 作家  風見梢太郎さんより







マーケチングコンサルタント 横浜 石原靖廣さんより



お元気で旅も続けられてるようで、旅日記を楽しく読ませていただきました。



私も78歳になりました。



いまだ貧乏性は抜けられず、仕事も続けております。



毎年、アメリカセミナーを5月と10月に実施しまして、お陰様で元気だけが取り柄です。



今年は1月と2月に分けて白内障の手術をしました。



歳は争えないものです。



正敏さんがお亡くなり、天草の唯一のより所が無くなり、寂しいかぎりです。



昔、貴方と松山まさし兄さんのところに行ったことが思いだされます。



大阪にはあまり縁がありませんが、そのうち是非会いたいものです。



お元気でお過ごしください。いつまでも







智恵子さんからも毎年年賀状を頂いていますが失礼しています。宜しくお伝えください。











2015年2月23日







この度はご出版本有難うございます。



これからゆっくり読ませて頂きます。「俳句で歩くロシア・東欧・アイスランドの旅。」



楽しませていただきます。



それにしても、お元気お羨ましいです。もう次の冒険旅行をご計画かと存じまでもお元気で楽しんでくださいませ。



I/T子





[PR]

by akinishi1122 | 2015-03-23 17:14 | 旅行 | Comments(0)

<< 本へのお便り 本へのお便り >>