社内報より6月25日号

心の準備していれば、師が現れる   
人間が行動していれば、何かを求めるものです。満足して生きている人はいないものです。目標らしきものに到達すれば、新に次の目標が湧いてくることを誰でも経験で知っていますね。
世の中はその繰り返しなのです。ですから、目標というのは一時的であって、次々に新しい欲望が生まれるものです。より良い生活を求めたり、便利なものをが欲しいと、目につくものです。
そして希望や願いというものは、より高度になっていくものです。そして次の目標に材料や環境というのは、もう現在の到達の時点でそれを解決するための備わって成果ができているのです。
人間が希望することが起きるときは、それを解決条件をその現象の内部に備え、準備しながら到達するものなのです。
だがその具体的な材料は、目に見えないから解らないのです。次なる発展に必要な材料や考え方は、どこから発見できるでしょうか。
それは、問題意識をいつも持っている人には見えないものが見えてくるものなのです。
ですから、日頃から何か欲しいものをいつも問題意識として持っていれば、ほんのちょっとしたことでみつけたり気ずくのですが、なにも問題意識の無い人には、同じ現象が目の前にあったとしても素通りしてしまうものです。
問題意識のある人には問題を抱えている人には、ちょっとしたことがその人のテーマに関連ずけて見えてくるものなのです。
物事にせよ人間関係にせよ、心の準備をしている人にだけその物事は役にたつように見えてくるようです。
それらが次なる目標についての師となるのです。
師というのは、どこからか現れてくるということではなく、問題意識のある人にだけ師というのが現れてくると見れるわけです。
ですから、師というのは、自分が創るといったほうが適切かもしれません。
このように見てくると、私たちの周囲にはたくさんの師になる材料や人々がどこにでもいるということになりますね。
よく新しいことを発見や開発された後で「あんなことだったら、自分もとっくに考えていた、誰でもできることではないか」と思うことがいっぱい経験したことがあるはずですね。
誰でも考えたり、条件はたくさんあるのに、問題意識の準備がなかっただけだということだと思います。
いつも問題意識を持っている人にだけチャンスは訪れるといえるようです。なにも特別の人だけにチャンスが訪れることは無いのです。
あなたも目標、希望の問題意識を持つことによって、そこに師が生まれるのです。

[PR]

by akinishi1122 | 2012-06-25 10:23 | 思い | Comments(0)

<< ルーマニヤ・ブダベスト大学日本... 今日の一句 >>